通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

言語の壁を低く、そして、取り去るお仕事。

日英同時通訳

 

全部見えるまで待たない。

受け身じゃうまくいかない。

攻めの姿勢で聴く。

 

日本語をこのくらい発したとしたら、

◯◯◯◯◯

このくらい言わないと伝わらない、もしくは伝わりやすいこともある

◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎

 

 

日本語の2倍とは言わないけど、日本語の会話は省かれることも往々にしてある。そのままだと英語だけを聞いている人には理解しきれないこともある。

 

 

 

それにしても内容が混みいった会議で

 

 

『どうかね、そんな感じで進めてみる?』と最後にきて、

 

『Sounds good』と日本語参加者の『いいと思います』『そうですね』

 

が同時に聞こえたときの快感。私にとってご褒美です。

 

 

 

『通じてる!』という、ごく、ごく、当たり前のこと。なんだけどね。

 

 

 

正しく伝えることが当たり前の職業ではあるけれど、実際にやってみると正しく伝えることは難しい。どんなテーマであれ、どれだけ時間が短ろうとも、簡単な通訳業務なんてない。

 

 

こっちの単語の方がすっと腹落ちしたのではないか?

今頃あの単語思い出した!なんてこともあるし。

もう少しこうしていた方がよかったなっていう改善は常にしたいし、しないといけない。このくらい出来ればいいだろう、は、存在しない。

 

 

終わりがなくて、いつまでたってもつかみどころのない、魅力的な仕事です。