通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

日英逐次 備忘録

日英の逐次に最近足を引っ張られてきました。

 

日英逐次だけでなく、

日英同時、英日逐次、英日同時、全部出来るようにしなきゃいけないわけですが、自分の中でまだ初心者的感覚なのって、日英逐次が顕著だったんです。

 

 

さっき、感覚を初めてつかめた感がありました。

 

ーノートを取りながら、何が主語か、述語かを必ずつかむ。ここをつかめると、後は話を聞いていれば自然とつながる。

 

ー英語から日本語に逐次する時もそうだけど、もともと何を話されていたかを、イイ意味で忘れることが出来て、中身がアタマに残ってそれを再現する感じ

 

 

どうしてここに行き着いたかというと、

同じものを何回もやって完全に出来るようにした。

 

物理的な日本語に縛られずに、この人が言いたいことってこういうことでしょ、っていうマインドで聞き取れるようになれるまでやった。その日本語を言えるようにする練習ではなく、このこういうことを言いたいんでしょというマインドでノートをとって、話す練習。

 

あえて違うフレーズで練習はしなかったけど、口から出てしまった言葉で無理やり止まらずに練習した。

 

自分の中でこんなところからやったら訳しやすいなパターンを見つけた。例えば(当たり前だけど)日本語では最後に言ったところが動詞としてくるわけだから、そこからのぼって戻ってくると自然と出るようになっている。とか。例外はあるにしても、日本語で先に言ったところ、つまりノートをとった順に話すとおかしなことに、大抵なる。

 

途中で落としてしまった、言い忘れてしまったと思ったら、あとから追加でふつうに足せばよいのだ、という意識がついた。

 

まず質より量ね、この練習に関してはね。やってやってやってやって出来るようになってくると、もっとやりたくなるものね。

 

 

明日もがんばりませう