読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

訳す時にはもう終わっている

通訳者をめざして

同時通訳が上手になれば逐次通訳で助けになることも、あるかもね。

逐次通訳が出来ないから同時通訳をやった方がいいということではありません。

同時通訳するときの頭の感覚が、逐次通訳に役立つかも、ということです。

 

つまり、

逐次通訳は、聞きながらどういうことが言いたいのか、聞いた傍から理解する。理解しながらノートを取る。スピーカーが止まった時は、もう頭の中で訳し終わっている。

 

 

逐次通訳は、訳しながらああそういえばそんなこと言ってたね、とメモを見ながら思い出す感じ。

 

 

逐次通訳は、リプロダクションとコツが似ていて、頭はなんだったかメモに印でもいいし、頭にメモでもいいからしておく。そうすると、ノート戻って『なんでしたっけ?』ってならなくて済む。

 

 

同時通訳をノート取りながらやるということではなく、この人は何を言いたいのかっていう理解しながら聞く視点は常に必要。そこが欠けると、ノートの上には単語の羅列、数字や中途半端な英語メモ、記号が散乱していて、

 

は?

 

となるわけです。自分でノートとったくせにね。

 

 

何も考えないでノートはとっちゃいけないね。