通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

集中ばかりではうまく行かない

不思議なもので毎日同じ仕事場に向かい、それ相応の服を着て5日間過ごすと考え方さえ、ルーティーン化してくる。


先日ピザが食べたいと話したら、社内のあるディレクターが全く行ったことのない町の全く聞いたこともないお店へ連れて行ってくれました。かなり新鮮でした。慣れない所で、慣れない人と、って結構脳に刺激です。楽しい疲れです。


今日も平日履かないジーンズにブーツでいつもは乗らない電車に乗り、イベント会場に向かっています。



いつものルーティーンとは外れた場所や人、ものと交わると刺激されます。


私のついている役員はよく、自分のプライベートな時間をちゃんと作れ、と話します。やることやったらあとは色々なものに触れて経験しろ、体験しろ、考えろ、感じろ、と。


そうして色々なものに触れて脳に広がりができるから、ぎゅっと集中すべきときに集中出来る。ずっとギシギシ勉強してあれこれ詰め込んでもうまく行かないね、と最近思うようになりました。


刺激と集中、の連続っていいかも。