通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

今と未来と。

昼間なのに少し薄暗い明治神宮
春から夏に移るあの陽射しが高い木々の間から入ってくる。

風がひんやり冷たくて、東京とは思えない土の匂いと緑の香りがする。


広葉樹も針葉樹も混じった林だと5月でも落ち葉があったりする。この季節、風が通って林全体が揺れると誇りみたいな粉が飛び交う。


あのじめっとした道一緒に歩いて、森を抜けて、暖かい陽射しを屋根に草の上でAからZまで語って、笑い転げてた日々を今でもふと思い出す。


恋愛だけでなく、昔、当たり前だったことが気づくと思い出になってることなんて数知れず。気づくと、なんて言うけど、もう結構経ってたりする。そうした日を送ってる最中は、気づかないのよね。結構近い将来、今の『当たり前』は『昔はね、』に置き換わる。


目の前の今をちゃんと生きましょう。
今この瞬間、瞬間が全部どんどん思い出になるから。


今って、思い出と未来のfine lineだなあ