読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

ゾーンに入って。

人生 英語学習 通訳者をめざして

自分の集中出来る場所、

自分の集中出来る時間帯、

 

私にはあります。

どこでも集中出来るわけではありません、正直。

 

仕事は別です。私はブースの中に入って仕事をしていないので、お客様と名刺交換をし、座ってすぐに『さて』と始まります。集中度MAXにするために心がけていることありますが、次の機会に譲るとし、、今日は自主訓練のときのはなし。

 

自主訓練=自分の世界に完全に入りこみ、つまり、海の底めがけて潜り、ココが違う、なんかしっくりこない、これはどうだろうか、と海の底であぐらをかいて自問自答を繰り返しながら何回も同じことをやったり発狂したりするのが私のいう集中した世界。まあ、疲れますよね。笑 気づくと優に1時間はたってます。スポーツの世界では「ゾーン」と呼ぶ人もいるようですが。

 

本当の意味で集中出来るゾーン、海の底で、陣地で、準備を整えて、外に戦いに行く、という感じ。以前にも書きましたが、陣地に戻らずひたすら戦っていると自分がすり減ります。

 

家でやるとき以外、ココと決めているところがあります。そうやっていつも通っていると店員さんが顔を覚えて下さっていて注文しなくても『カプチーノでいいですか』と。手間が減る。

 

それから窓際。気分転換になりますよね。勉強していて顔上げたとき。季節が良ければテラス席。同時通訳の練習やリプロダクションを周りを気にせず出来ますしね。

 

 

 

集中出来る時間帯は夕方から夕食まで、と、お風呂からベッドに倒れるまで。『勉強したら疲れ果てたい』んですよ、なんか。燃焼しきっても大丈夫な時間帯が一番集中出来るのかな。

 

 

一度自分の中でゾーンが分かるようになると集中具合、つまり生産性が違いますよね。