読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

それは異様だったし、今の日本でも異様に見える。


 ...異様に感じたのは信長は顔を心持ち上げ、天の一角を凝視したまま、視線も動かさず、まばたきさえせぬ表情で駆け来たり、駆け去ったことであった。...今川義元を討ち取った尾張の大将としては軽すぎる容儀であった。
国盗り物語


こうありたいです。
自分に誇りを持ち、自信を持ち、意志を持ち、邁進する日本人がこの同じ土地に生きていた。

私もこうありたいです。