読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

長く留まることの弊害、あたしの場合。

人生

通訳者がやるべきじゃないことは色々あると思うけど 

 

ミーティングを通訳していて『それは違うでしょー泣』『なんでもっとこう言わないの?』『もっとこちら側の考えを押さなきゃ』『そこ論点じゃないでしょ』

 

って思ってしまう。

社内通訳で働いているとこうなる。

ある意味、その会社の社員の見方が植わるから。

 

自分が単発で呼ばれるフリーの通訳者であればそんなこと思う余地はないし、そこまで入りきらずに終わるんだろうけど。

 

アメリカに『通訳者になろうと思ったけどミーティング聞いてて、進行具合にイライラし自分で意見したくなるから向いてないと思った』、と弁護士やっている友達がいます。

 

まあ、そこまでは思わないけどさ。

 

私の場合一つの処に『通訳者』として長く留まるとこうなるのネ、と勉強になりました。

 

自分でもそう思ったことは発見で、頭が火照っている間にあえて残しておこう、と。