通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

一見目立たない所が重要だったりするから。

英日同時通訳の練習していると思うことが色々あるんですよね。

 

英語聞きながら日本語で話す。今までの私の耳の働き方が単語を追っかけてるイメージなんですよね。わさわさ緑の葉がいっぱい生い茂ってる木の、葉っぱを追っかけている感じ。 でも途中のof, to, whileとかが抜けがちです。つまり葉に隠されている枝が見えていない。

 

もうちょっとつなぎの部分に注目して練習しようっと。

前置詞、定冠詞、、

たとえば

to the global institution グローバルな企業に

of the global institutionグローバルな企業の

 

全然違いますもんね。

シャドーイングを1文弱遅れてやっている時は、聞いているはずなんですよね。

まあ、何度もやっていれば文章自体覚えているということはあると思いますが。

 

普段のメニューもどこに効いて、なんの為の練習か、意識しながらやらないとね。『やる』だけなら誰でも出来る。ちゃんと頭使って考えて日頃からやっていないと、裸の王様になりますよね。

 

これだけやってるから大丈夫なはず、

これを毎日淡々とやればいいからオッケー、

このスピーカーの言いたいこともう手に取るように分かるわ

 

 

 

I mean, really?

 

 

そこは常に自問自答しないといかんのだよなあ。私自身、疲れている日はそのままバタンキューしたい日もあるっちゃあるけど。。やるんだったら、しっかり。何も考えないでルーティーンワークとして練習してても、やっていないのとほぼ一緒。