読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

安倍総理大臣の記者会見がすべての始まりです。

通訳者をめざして 人生

昨年5月に安倍総理大臣の記者会見があって、通訳訓練の教材として使いました。

日英の同時通訳をやった初めての教材でした。

今も録音したものが手元にあって、懐かしくて聴きます。

コーチ、その他プロ通訳者もう1人が本番でやった録音されたデータもあるのでよく聴きます。寝る前、タイマーかけて。

 

 

今振り返って聴いて思うのは、平面的な訳だな、ということ。

Aって言ったからA。

Bって言ったからB。

初めてやる同時にしては自分なかなか頑張ってるな、っていう訳もしていますけど、2Dなメッセージになっているところがほとんどだなあ、と。

 

聴いている人の耳には元の言語は入らないわけなので、聴いている人が安倍総理大臣の発言を日本語で聴いて伝わるのと同じように伝えないといけないです。それが通訳者の仕事ですしね。その残りの1%。

 

 

 

それにしてもなんでこんな大変な仕事選んだのかなあ、ってたまに思う。

でもそれと同じくらいこの仕事本当に好きだなあ、って思うんですよね。

 

終わりがないところかなあ。

正解はないしね。

 

同時に、自己満足な仕事ですよね。

どれだけひねった訳だそうが聴いてる方は「ふーん、ふむふむ」ですから。

だから、自らの知的探求の旅ですよねえ、通訳者でいるということは。

いぇい