読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

同時通訳で溺れかける。

○○じゃないとちゃうの?

 

でも小ちゃくて大きいような行事でして、、

 

でもそうなったら、たとえば○○みたいなことはやらないと、じゃあいつやるの?みたいにならへん?

 

私の力不足を感じるときはこういう会話がヒュンヒュン速いスピードで続く時。

溺れそうになる。

 

日本語でただ聞いてたら言いたいことは分かるよね、完璧に。

同時の波に乗れてない時って、気がつくときれいにひとつながりの文章を作ろうとしてるんですよね。それじゃ同時なんて無理だから。文章のお尻をしっかり締めることと、全部ひとつながりにすることは違うんですけど、そのへんはまだ意識しないとダメなんだよなあ。修行が足りないね。

 

文章のお尻を締めるというのは私の中では例えば、

「本当にそこがね(問題なんですよ)。」

()の部分を文脈で補って英語にするということ。

日本語では不完全な文章でも通じるから。

 

ひとつながりにきれいに作るというのは、先ほどの

『でもそうなったら、たとえば○○みたいなことはやらないと、じゃあいつやるの?みたいにならへん?』を1文にするということ。

逐次通訳でやろうとしたってスムーズに言える構文じゃない。

どこかでプツップツッて切って、意味のある文章に変えて分かりやすく伝えないといけない。

 

スピーカーの話す言葉に近づき過ぎてしまった結果ですね。自分は英語の世界にいなきゃいけないんだった。英語の世界から日本語の世界を見る、と。