読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

英日同時通訳練習で気づいたこと

英日同時通訳の練習をしていると英語から日本語への変換スピードが、練習しているからこそすれ、上がります。
練習しているからスピーカーが次何話すか分かる訳ですが、その勢いでまだやっていないところをやってみると、意外とその勢いが保てる。いぇい
ちょっと嬉しいです。

私の中で英日は今だ怖くて感覚がつかめてない。
聞き取れなかったらどうしようってのが、今だあるんですよね。ネイティブではないのでそこは常につきまとうと思います。

リスニング力というより、リスニングコンプリヘンション力というのでしょうかね。
私たちは日本語が一語一句聞き取れなくても勝手に補完して意味を成立させてますよね。それと同じことを英語でも出来るようにする力、と。

とにかく日英以上に、英日は特に早口のスピーカーの場合、情報量が多い時、『待ったらダメ』ですねぇ。遅れたら終了。多少はもちろん遅れてやりますが、違う情報がぽんぽん出てくるなかで遅れる暇などありませぬ。

日英は多少待ってて引っ張ってもぐあーっと巻き返せたりしますが、英日無理です。
やはり英語ネイティブではないから、耳も100%稼働させないといけないんです。
ただですね、
・考えながら話しながら、聞く、無理です。
・話ながら、聞くことは可能です。

この2つ本当に少しの違いですが、身体でひしひし感じました。一旦理解して絵になったことをつかんだらスルスル口から出す。出している間は、集中は耳に。

これは同時通訳する上で大切で、私の中では、感覚が身体に入りきっていないからなのかこうした重要なインサイトをすぐ忘れるので、こうして書いて言い聞かせてます。