読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

通訳って変換ではなく、再生する仕事です

通訳は単語を違う言語に変換していくことではありません。
単語一語一語、忠実に通訳すると違うニュアンスで伝わってしまうことも往々にしてあります。

その人がどんな調子で発言したか。
その人がどんな文脈で発言したか。

そこを考慮しながら違う言語に置き換える。

今の職場で通訳兼役員秘書のポジションにいるのですが、定期的にそのボスにフィードバックをもらう時間を設けています。ラッキーな話ですけどね。普通通訳はフィードバックを丁寧にもらうことはないと思うので。

今日彼と話していて盛り上がったのが、
一語一語訳されても分からないものだよね、と。
機械みたいに聞いたものを出すってやっていても、伝わらない。
その発言はなぜ出てきているのか、何を伝えようとしているのか、理解しながら訳さないと質疑応答になった時になぜその質問が出てくるのかも理解できない。
通訳が理解できないで話していたら、聞いてる人たちもワケわからない。
そんな会話をしました。

通訳は自分の理解できる言語を聞いて作り出された世界を、もう一度再生するのが仕事ですよね。

通訳が見た世界は、発言者の見た世界であり、聞いている人たちの見る世界でなくてはいけませんよね。コーチもいつも『発言が一旦終わったらその発言者が何語で話したかは関係ない』と。

それにしても面白い仕事だよなあ