通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

離れた方が、近くなる

同時通訳をやる際に、言葉に近づきすぎない方がうまくいく、とコーチが話していました。


今日お仕事でウィスパリングしている際に感じたのは、
言葉を聞いてそこから出てきたイメージを語る→つまり長く聞こえる文もギュッとかたまりになる→イメージを話している間、頭のなかで言葉は存在しないから耳へ注意を向けることが可能→話しながら聞く、が比較的両立可能

言葉から離れた方が言葉に近いニュアンス出せて、かつ、耳から入ってくる!

確かに言葉にしがみつくのは簡単だし、その手を放すのはこわい、最初は。
でも放した方が上手くいく。