読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

通訳がいらない世界は来るか

The World is flat: The Globalized World in the Twnty-First Century

 

「フラット化する世界」日本語でも数年前に出ていますね。

フラット化し、技術が高度化する世界では。。というお話です。

考えさせられたのは以下、省略、和訳&引用。

「ますますアウトソーシングが増えてきている....レストランや美容院はまだまだだと思うでしょう?もうすでに一部で始まっているんですよ、予約の電話だとかメニューのオーダーとか...ウェイトレスさえその人にしか出来ないサービスでなければ安くて速いインドのオペレーターの方がいいですし...」

通訳はどうなるかと考えた時、人工知能がますます注目され商用化され始める今、おかしなイントネーションの読み上げ音声やGoogle翻訳のおかしな訳は徐々に少なくなると思っています。通訳が機械化される場面は最初は一部にしてもそのうち人間にとって代わる気がするんですよね。人間にしかわからないニュアンスや、スピーカーの感情、それってAIでカバーされる日が来るかしら、と。

 

通訳がいらない世界が来たら、、、本屋さんで働こうっと。