通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

社内通訳を。。

だいぶこのブログから離れていましたね。

未熟ながら社内通訳のお仕事をありがたくも始め、いつ首が飛ぶかビクビクしてますが、通訳ってこんな感じ、という感覚がやはり学校だけでやっているのとは違います。

まだ2日間しか体験してませんが、
訳を聞いている人への意識が自然に高まります。
分かりやすく話さなければ、元のスピーカーに迷惑がかかりますし、正しく分かりやすく話すのが通訳のお仕事なんだ、という自覚を改めて感じています。

それから誰よりも話を集中して聞いていないとストーリーを失います。現状、日英は会議形式でディスカッションのように一気に話されるとサマリーにするしかないというのもあって、ウィスパリングでサマリーを訳す形でやっていますが、 それでもかなりの集中が必要になります。


現場に出ると、通訳という仕事の根本を感じます。ある言語を分からない人に対して壁を取り除いてあげる、というところですよね。