読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

All coming back to...

8語遅れて大体同時通訳はやるんだ、と講師が以前話していました。

1文まるまる遅れそうなくらいです、8語というのは。自分がいい始める時には違う文脈で話が進んでいます。
それでも踏ん張れるようにリテンションの力をつける必要があるんですね。


再確認。
やっぱり10語遅れシャドーイングを当たり前に持っていかなきゃ!

最近シャドーイングする際、録音してやっています。そうすると「ア、聞こえない。。」って思いながらやっている部分はスクリプトで見るとそんなに多くないんです。4語とか。でもその4語が、大切なんだろうな、と。

お客様にとって大事なところだったら取り逃がすなんて許されないだろうから。