読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

「リプロダクションは継続して初めて意味がある」

通訳学校の門を叩いて3年①②で、これまでの通訳学校での道のりを書きました。

 

その中で「メモなんてこのくらいでいいんだよ。できないならリプロダクションやってごらん、毎日15分、3年間。たまにじゃないよ、毎日を、3年間。わかった?」と今の講師に言われたと書きました。これは、今真面目に続けていて、2015年5月22日からずっとやっています。

やってみたことがある方はご存じだと思いますが、whenなど接続詞や、withの句などが入って長くなると苦しいです。

5人しかたてない崖っぷちに6人立たせて一人落ちそうになります。

それでもずっと続けていると、まだ半年ですが主語がポーンと飛ばなくなったがしています。

『★★につれて■になり、その上△という事実があるからこそ、◎になります。』という文章であれば、その上、まで思い出せれば、「その上」が呼び水になって、その後も芋づる式にズルズルと思い出せる、という感覚です。