読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

時間の大切さ

セネカ「生の短さ」より

「私たちは、...時間という貴重なものを弄んでいるのだ。彼らがそうした考え違いをするのも、時間というものが無形のものであり、目に見えないものであり、そのために、最も安価、いやそれどころかほとんど無価値なものとさえみなされているからに他ならない。...人の生涯は、たどり始めた道をたどり、踵を返すことも、歩みをとどめることもない。生は粛々と流れゆくもの。......君はどこを見つめているのか。どこを目指そうというのであろう。来るべき未来のものは不確実さの中にある。ただちに生きよ。」

セネカはこう述べているし、自己啓発書にもよく「成功者は驚くほど時間に厳しい」とある。

私の周りにその感覚を持った人がどのくらいいるかな。もともと成功者の精神論をわかる人の分母が少ないんだろう。その少ない分母に常に入れる自分でいたい。