読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

知と美と。

以前に通訳学校のドレスコードという記事を書きました。そして第一印象は大事、と書きました。 人を見た目で判断してはいけないといいますよね。 そうはいっても人間も動物ですから、本能的に 直感的に感じるものがあるわけです。 やはり仕事をしていて、電…

そこをこらえて。

これ読むとどれだけ強い女性かと人は思うね、って言われることがあります。そんなことないよ。 本当は弱音吐きたいときも、自信なくしそうになるときも、ある。 それから事実を述べ立てるのもたまには大事だけど、 自分がどう思ったか、そこから何を得たのか…

私、失敗しないので。

『私、失敗しないので』 あるドラマで有名なセリフです。 通訳していて失敗が絶対ないかといえば、それはあり得ない、と私は思ってる。 ただ『私、失敗する可能性もあるので』じゃかっこよくないんです。 『失敗しませんから』って言いきってるところに美し…

訳す時にはもう終わっている

同時通訳が上手になれば逐次通訳で助けになることも、あるかもね。 逐次通訳が出来ないから同時通訳をやった方がいいということではありません。 同時通訳するときの頭の感覚が、逐次通訳に役立つかも、ということです。 つまり、 逐次通訳は、聞きながらど…

アウトプットするから、インプットの意味がある

アウトプットしてみないと、自分に何が足りないか分からないですね。 普段アウトプットを継続的にしていて、The Economist読んだり、日経、Japan news、Bloomberg読んだりすると、スポンジが水を吸収するように『アーその時はこの単語使えばいいのね!』にな…

grrrr...

生きてれば、気持ちが乱れる時は山ほどあるさ。 静かな遠浅の海みたいに穏やかな時もあるさ。 特に獅子座の女は気性が激しいからね。上がったり下がったり、するのさ。 ニコニコしていたと思ったら、イライラする時もあるさ。 獅子座の女はね、プライドが高…

通訳者Mのブログに変わります

いつも読んで下さっている方、 ななめ読みでも、じっくりでも、 ありがとうございます。 思っていることを思ったタイミングでぽつぽつ書いてまいりました。私がこのブログを始めたきっかけは、通訳者になったからではなく、失恋したからです。人は何かなけれ…

My mom told me when I was young

We are all born superstars やるべきことがあって、この世に生をうけた やるべきことは、人によってもちろん違う。 やるべきことを使命っていう人もいる。 そこまで大げさに言わなくてもいいんだけど。 でもそういうことかね? 頼まれなくても堂々と歩く。 …

それでいいのよ

これでいいの 美しく自信をもって この調子で進め、大丈夫だから I'm beautiful in my way 'Cause God makes no mistakes I'm on the right track, baby I was born this way Lady gagaのBorn this way

目に見えない贅沢

詩を理解しながら、声に出して読む。ああ、なんて贅沢。心の余裕がなければ、 時間の余裕がなければ、そんなこと出来なくて。 いつもと違う街で手に入れた本とその視線 私は今日も私らしく、生きていきます。

通訳者なら、通訳者のオーラをまとわないと。

今日大事なことに気づきました。 同時通訳をやっている間に2つ気づいたことがあります。 ところで通訳者のブログを見ていると気づきを得た!と。で、肝心の中身が書いてないことも。 何か学んだ際に、アウトプットしてみないとそれが気づきとして価値がある…

いいね、それ

通訳をしていると、ありがたいお言葉の一つや二つにとどまらず、 『なるほど』とうなずきたくなる言葉、引用、そして英語の表現に出会います。 通訳しながら、『いいね、ソレ』とか思ったり。 It wasn't about one day I'm going to do this. It was everyth…

考えて、体験して、

考えることが大事ですよね。 考えて動かないのはいけませんけどね。 こうして私もブログを書いている訳ですが、 通訳に関することは特に全部自分が体験して、実際に感じたことを書きます。体験して終わりじゃいけなくて、体験したこと自分なりに咀嚼し、分析…

I think..

不安定な世界に生きている、って無意識ではみんな分かってる。 だからつながりを持とうとして携帯、SNS、LINEどんどん出てきて誰かとつながっていられる世界になりましたよね。それは誰かにとっての不安定な世界への解決策なんだろうね。 私の不安定な世界へ…

一輪車に乗ってごらん、分かるから

不安定なものの上に乗って、どうやって不安定さを安定して維持するか。 大事なことです。 同時通訳もそうだけど、 人間関係も、 今持ちうるステータスも、 恋愛も、 天気も、 感情も、 正社員の人は気づかないかもしれないけど、本来は仕事もそう。 全部不安…

一回しかチャレンジ出来ないから、思いっきり出来る。やらないと。

『誰も知らない世界に向かっていく勇気を、未来っていうらしい』 スガシカオ Progressの歌詞です。 元々どうなるか分からないのが未来。そこに立ち向かっていく勇気がないと未来は来ない、ということ? 立ち向かう勇気がなければ、今までの延長、つまり予測…

目に見えないものを。

携帯を替えました。 この世にさよならするときは、何も持って行けない。大事な人たちも、たくさん撮った写真も、大好きな音楽も、大切にしてたアクセサリーも、感動して保存しておいたメールも。でも思い出は持って行ける。 記憶はなくならないからね。今を…

自分に惚れる生き方を。

乗って。え?いいから乗って。 ドア閉めた瞬間に一気に加速。 こんな飛ばしてどうするの?! 答えないでひたすら飛ばす。ひたすら前を向いて、雨が激しくうちつけてもスピードを緩めない。170キロ出していると下手にカーブは切れない。 これだけ飛ばしてたら…

記者会見の同時通訳 備忘録

同時通訳で英語が自分の口から流れる時、もう考えてない。勝手にしゃべってる。考えてるようじゃ遅いのよね。だから、常にあの単語なんだっけ、ってなる労力を引き下げる努力が必要。考えてたら間に合わないスピーカーがこの世にはいる。 それが1つ。 でも…

一発で。

'Make it count.' 一発で殺れ。 007に出てくるセリフ。 そう言われたボンドガールが復讐の為、敵を殺す瞬間、一瞬ピンと空気が凍ったように集中して引き金を引く。 その集中する一瞬が、かっこいい。その役、やらせて、って思うくらい。 countって動詞。数え…

生まれた瞬間、秒針はどんどん進むから

天国は近い。人生は電光の如く。 いつ終わるか分からない人生だから、やれることはみんなやるんです。やれると思う速度よりも速く。できると思うよりももう少し。

聞こえないって!

通訳の仕事を始めて、初めて胃にきました。疲れでウィルス入ったんだねと医者。 その前の晩が会食での通訳でした。 始めから大変だろうな、とは思っていました。 事実や数字を淡々と語られる会議とは違って、冗長な日本語が飛び出すだろう。 だいたい会食の…

You are what you've been through.

無駄かな、と思っていることもどこかでかならず役に立ちます。 通訳者でいるということは、いろんなことに触れて、知って、それがどこかで役に立つ可能性が大きい職業とも言えますよね。それが新聞であれ、テレビ、雑誌、美術館、友人の会社の話、電車内の広…

同時通訳、備忘録

速い速度で日本語が流れてきても耳をふさがずに、意味を聞き留めておく。 元の日本語にピタっとくっつきすぎると出来ないんだよなあ。 Mitsuki 1 日本語を聴く自分 Mitsuki 2英語を意味通るように話す自分 Mitsuki 3 ピタッと張り付きすぎていないか、手綱持…

Now the pain is my pleasure

RihanaのSMという曲があります。 歌詞にNow the pain is my pleasureという部分があります。通訳学校の帰り道聞いていて、ふと共感しました。 小さい頃、車の後部座席に乗って長野や伊豆によく行きました。森の中を通ると、もう朽ちてしまった木に『これより…

同時通訳ーカーチェイス

同時通訳するときは、速く話しつつ、ある一定の感覚をあけて話す。言うほど簡単じゃない。 言われるとすぐに飛び付きたくなる。飛び付くと後ろが続かなかったりする。そしたらその文章は捨てて、また始めるしかないんだけど。聞こえがよくない。130キロで走…

量。そして、量。そしたら、量。

The Economistを声に出してスムーズに訳出しながら読むようにしてから久しいです。 そんな簡単に効果なんて現れるものじゃないですが、初めはわけがわからなくても頭を回転させて、なんとか止まらずにつじつまの合う文章を口から出す練習になってます。 イメ…

1段落のリプロダクション

最近1文ずつリプロダクションやってから、1段落まるごとリプロダクションをやっています。4文くらいでしょうか? チャンク、つまりひとかたまりとして捉えられる英語の内容が増える感じはしますね。 以前は1文長めに流れるとビビッていましたが。 Practice …

英語って、やっぱりかっこいい

この前 what sets you apart? って聞かれた。その時思わずpassionって答えた。 英語が好きな日本人は何人もいると思うけど、 本当に英語っていう言語に恋しそう、って思うことが少なくない。Strategyのs t r aの発音の反転する感じ。鋭くシャープな印象。 ヒ…

同時通訳ー情熱と冷汗のあいだ。

授業であるスピーチを逐次通訳していて、同時通訳になったらどんな感じになるのかな、ちょっとやってみたいな、って思う。1年前は思わなかった。 津波に飲み込まれないようにひたすら岸に向かって泳げ、って言われるようなものだったから、苦しかったし、半…

悔しさを覚えなくなったら、試合終了。

本当に悔しいのは、英単語が分からない時じゃない。 本当に悔しいのは、目の前の文章、聞こえてくる文章の中に分からない英単語が1つも入っていないにも関わらず、頭の中で文章の意味が?の時。こういう時はあらゆる点で、自分は足りてないと思います。 構…

臭う

スキルの如何によって自分を食べさせていくような職業。 通訳者、スポーツ選手、歌手、棋士等々挙げればキリがありません。こういう職業についている人達は、他と比較しない大切さをよく知っています。 Bさんお上手ですよね~ いやいやAさんには及びませんか…

急にはどうにもならない。

時々ふと思う。 話す英語レベルが普通過ぎて自分まずいな。あれは通訳者じゃないと出ない英語だ、って思われる(自分が思う)英語をどうやったら出せるかな。例えばNew York Timesの社説のように濃い抽象的な英語を話されても、大変さを微塵も感じさせずに通訳…

すごーいって無意識に言ってませんか?

この本*の右端『言葉にできないことは、考えていないのと同じである』 を見て、私だ、と思いました。 逐次通訳なら少しは考える時間ありますが同時通訳をやっていて言葉がスパっと出てこないことがあります。以前鶴田知佳子先生の講演に行って印象に残ったの…

インプットしたら必ずアウトプットをして

脳は同じことに対してインプットとアウトプット両方やらないと、分かったつもりになっていて実際には分かっていない、出来ない。 茂木健一郎氏がドキュメンタリーで語るのを聞いて、なるほどね、と。 The Economist読めるだけじゃあ、だめやん、と。アウトプ…

集中ばかりではうまく行かない

不思議なもので毎日同じ仕事場に向かい、それ相応の服を着て5日間過ごすと考え方さえ、ルーティーン化してくる。 先日ピザが食べたいと話したら、社内のあるディレクターが全く行ったことのない町の全く聞いたこともないお店へ連れて行ってくれました。かな…

逐次通訳の鍵

怒涛の1週間が過ぎました。 文字通り、かなり忙しく通訳で緊張する場面が多かったので家で夜勉強することさえままならない1週間でした。 今社内通訳、役員秘書という形で今勤務しています。外資系企業なので海外オフィスから顧客や、役員が来ることも珍しく…

心配は無意味。

初めて英日同時通訳をパートナーと組んでやりました。 気づいたことがいくつか。 ーメモ取りをお互いにしていると休んだ感じがしない。自分自身もメモを出されてもスピーカーに集中していて一度も見ませんでした。(申し訳ない)スクールでメモでサポートし…

受け身じゃ勝てない

同時通訳って、攻める、つまり、その人の代わりになって思いを伝えてやろう!って気持ちがないとうまく出来ない。 聞こえてくることを(つまり受け身)違う言語で話す。 自分ではコントロールできない(つまり受け身)話を違う言語で話す。 こうやって’受け…

オモテとウラ

表と裏。 外国人に嫌がられる日本人の特徴。ひたすらに、美しいものだと思います。きっと切捨御免の文化を生き抜くには必要だったのだろうと思う。掛け軸の裏が抜け道だったり、障子に見えたものが反転して階段に通じていたり、歴史を通して見ると日本人は表…

この業の面白さ

坂を上がると恵比寿ガーデンプレイスが見えてくる。 2ブロック曲がったところに大きな蔦に覆われたお屋敷が出てくる。次々にフェラーリやランボルギーニからスーツ姿の人間が下りてくる。 受付を済ますと金色の人とは違うバンドが巻かれる。黒人のサングラス…

今と未来と。

昼間なのに少し薄暗い明治神宮。 春から夏に移るあの陽射しが高い木々の間から入ってくる。風がひんやり冷たくて、東京とは思えない土の匂いと緑の香りがする。 広葉樹も針葉樹も混じった林だと5月でも落ち葉があったりする。この季節、風が通って林全体が揺…

ゾーンに入って。

自分の集中出来る場所、 自分の集中出来る時間帯、 私にはあります。 どこでも集中出来るわけではありません、正直。 仕事は別です。私はブースの中に入って仕事をしていないので、お客様と名刺交換をし、座ってすぐに『さて』と始まります。集中度MAXにする…

電話会議の通訳を毎回、と想定して。

今日考えたことがあります。 強靭なリスニング力をつけなくてはいかん、と改めて思いました。 強靭な、というのは 電話会議であっても筋を取れる、 つまり多少音が濁ってもがちっと理解できるリスニング力です。 今日は各国オフィスが実績報告、会計年度末ま…

それは異様だったし、今の日本でも異様に見える。

...異様に感じたのは信長は顔を心持ち上げ、天の一角を凝視したまま、視線も動かさず、まばたきさえせぬ表情で駆け来たり、駆け去ったことであった。...今川義元を討ち取った尾張の大将としては軽すぎる容儀であった。-国盗り物語 こうありたいです。 自分…

通訳者 comes with マヌカハニー

社内でとてもお世話になり、尊敬している方に頂きました。 マヌカハニーの固形蜂蜜。女性だとご存知の方多いかもしれません。 マヌカハニーの効果・効能 | All About マヌカハニー 日本でも手に入るようです。 Amazon CAPTCHA 通訳者ならポケットとかに入れ…

聴く→理解する→ノート

逐次通訳のメモ取りと聴くバランスを最近崩しがち。マズイマズイ一生懸命ノート取ったって意味ないのに。。 聴かなきゃまず。特に普段聞き慣れない用語が連発され、かつ、スピーカーが早口であればあるほど、日本人であれば『ぎゃ』ってなるんだけども、そう…

本番ばかりでは成長しない

平日仕事から帰って夕食、お風呂と済んだら勉強しますが、色々手を広げてはやりません。やれません。眠いです。リプロダクションやって、日英、英日の同時通訳練習やって、とこれだけやっても相当疲れてきます。昼間に通訳をしていると、喉も結構ガラガラに…

長く留まることの弊害、あたしの場合。

通訳者がやるべきじゃないことは色々あると思うけど ミーティングを通訳していて『それは違うでしょー泣』『なんでもっとこう言わないの?』『もっとこちら側の考えを押さなきゃ』『そこ論点じゃないでしょ』 って思ってしまう。 社内通訳で働いているとこう…

聞くんじゃない。

備忘録的に... こちらに向かってきた文章を、打ち返す。どんどん文章が来る、打ち返す。その文章が近づいてきた時に物理的にしか反応出来ないのではいけない。 その文章は何を伝えたいのか、身体で感じる。。で、返す。 逐次も同時でも、何とも言えない身体…