通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

通訳者をめざして

you are just graceful and cruel

首都高速で飛び出した銀座 出来るだけ飛ばしてください お願いします すぐ降りたいので手前でカード切ってください 信じられないくらい長く感じた20分 あんなに長く感じたことはなかった あれほど強く、時間は待ってくれないと、感じたことはなかった 官房長…

There is always a story to be told.

M先生 M先生に10年ぶりに本当に会ってきた。 開口一番、 指輪してんのか?! いや、まだです。 10年ぶりに会ってそう来るか、普通? 案の定、通訳をしているといったら ムカつくなー笑 おまえ全然英語できへんかったんやぞ 相変わらずのM節 英語センスのかけ…

honey meets ginger

クールビズの時代に信じられない冷房24度の部屋で通訳業務 かわいそうなのどを労って

relevant

どんなことも思い出になっていく 全てをとどめておくことは出来ない 本片手に過ごした夏の海 お部屋の障子を開けて視界に広がる真っ白い山も 自分の脚が全部見えるくらい綺麗な川を泳いだこと クルミの木に登って隠れんぼしたこと スカイツリーから見下ろし…

in retrospect Ⅱ

悔しい夜から一夜明けて 朝日が昇って 新しい一日が始まる まだ悔しい それが分かっただけで、 あ、私イケるわと思いました そういうもんだよね、たぶん 喧嘩する気も失せてきたら、その恋は終了だから

Were you born dry?

ワインにはどうやら世界があるらしく。仕事でもなければ、出会うきっかけもなかった。 born dry 極辛口 これ見た瞬間にまた英語に恋したわたし。 ..born dry? 生まれつきドライって。。 さっぱりして余韻を残さない、存在感放つ、ワインのような、英語。もう♡…

やっぱ同時並行でしょ

同時通訳をして頭がヒートアップしたり、 頭かかえて悩んだりしたときは、 単純作業が一番いいね。 食器洗いとか、 お花に水やりとか、 お料理。 ストウブ社の深いネイビー色のお鍋ピコ・ココットがうちに来てから早5年。 鋳鉄の蓋が重くて、蒸気の力でもな…

日→英同時通訳 備忘録2017.7.6

かみつくタイミングが難しいね。 1#様子を見てから、イケる!と思って文章を作り出すのが良い時と、 2#様子を見ずに、わけわからないなりに、スピーカーに続いて文章を作る方が良い時。 何かの基準で決めているわけではなく、身体が勝手に反応するんだけ…

challenge me

4月にエージェントのオーディション受けおわったときには、フリーになってすぐだしこれからしばらく暇になるな、って思っていたけど、仕事、プライベート、いろいろあって、そんなことはなかった。もう気づいたら7月になっていた。 人生の春休みとか言って…

リプロダクションについて想うこと

リプロダクションはやめないとその効果は感じないかも。 続けているとどれだけリテンションが効いているか。 やらなくなって初めて、やらないことの恐ろしさを感じるね。 頭の中に残るストーリーに高さが出てくるんだよね。ただの英語ではなくて、3Dになるん…

脱輪したときの自分へ

学校で、正直久しぶりに悔しい思いをした。 悔しいというか、情けないというか、 後からフツフツくる怒りというか 言い訳はいくらでも出来るのだけれど。 毎日やっていたルーティンが回せなくなっている。 それでもやっぱりこの距離感、悔しいね 薄い膜が1枚…

Unwind and you are on the ball

『もっと緩く構えて』 『膝が硬いよ』 『肩が上がってる』 東海大学陸上部から来た若いコーチに姿勢や筋肉の動き方のレクチャーを受けるようになって、急に打てるようになった高校1年の夏。インターハイで打順3番にしてもらって、レフトとセンターの間に抜け…

涼しい顔して

流れてくる洪水を片手でせき止めつつ、下流にいる人には美しい清らかな川を流してあげる 日英同時通訳における難しいところ。 実際に情報量が多くて一気に流れてきたら誰でも軽くパニック状態に陥ります。 ま、やるしかないんだけどね。 パニック状態のまま…

腹八分がいいのさ

日英同時通訳はパズルを探してはめる作業。 実際にはそんなことかんがえながらやらないけど、あとで自分がやってること振り返ってみると、当てはまる単語を探し、適切な品詞に変え、適切な構造にして、パチパチっと、ピースをはめてるなぁって思う。 面白い…

M先生

大学受験の時利用していた予備校がある駅を今通勤で使っている。 ガヤガヤしたこの人込みの多い、でもなんだか懐かしいこの駅を通ると高校生から大学生生活を思い出す。 英語はどうやってもつかみきれない、よく分からない科目だった。でも高3からそれが変…

Tune it.

ある企業の財務管理部で1カ月間お世話になっています。 ここ独自の専門用語が多すぎて、部門内でも分かってる人、分かってない人様々。列が一つちがうとやっていることが違って、部門会議開くと、それナンデスカ?ということが頻繁にあります。 うちの部門を…

アウェイでもやるべきことを。

アウェイの業界でアウェイの専門用語の嵐にさらされています。 やはり少しでも馴染みのある話を通訳している場合とは自分のアウトプットレベルが違うことをひしひし感じます。 よく考えなければいけないし、 考えても分からない場合があって、 言葉を頼りに…

can't buy me love片手に

『そういえばこんな曲ありましたよね』 loveにはpriceつけられないわよね、なんて思いつつ。 夕方のカフェにいると色々な会話が聞こえてくる。通訳業に携わっているからか人の話す言葉に前より聞き耳立てるように、立てたくなった。 自分と同世代に見える男…

起きてることはみんな必然

すぐには役に立たないと思ったことでも今目の前に降りてきたものは、何かしらいつかどこかで役に立つ時が来るんだなあ。 知らなかったらどうしていただろうか。 目の前にあるものは必然的に降りてきてるんだなあ。人でも、本でも、仕事でも。 ありがたいなあ

just let it be

数字はついてくる。今までの短い社会人人生通して感じていることです。 ついてくる、というのが大事です。 追いかけてもなかなか捕まえられないのが数字です。血眼になればなるほど、逃げていきます。楽しんでいる人に数字はついていきます。 追いかけるとノ…

switch

落ち込んでも、失敗しても、イライラしても、気持ちが疲れても、絶望的な気持ちになってもいいと思ってます。人間だから。計画通りに進むように人生出来てないしね。むしろ計画通りに進まないから、面白い。振り返ったら全てつながってたり、する。 大事なこ…

2017.5.6

100点満点の嬉しさやワクワク、達成感を楽しむためには、スリル感も難易度もこれまでかというほど0点のものを味わっておく必要がある。

You're not quite close actually

この本のなにが面白いって、 アンタそれじゃ足りんよ って様々な角度から遠回しにジリジリ攻めてくるから。半分何も考えなくても出来るレベルに来たとか、そこそこ満足出来るレベルにきたということはその時点で成長がとまったことを意味する。 じゃあ次の成…

that's the job

フリーランスとして登録してから初めての仕事をしました。 社内通訳者としての仕事と違うところ ・初めて会う方々の言葉を、初めて会う方々へ伝える。 ➡これはあまり抵抗はありませんでした。そこまで緊張ガチガチというわけでもありませんでした。 ・なじみ…

考えてから受け止めよう

すごい の意味がよく分かりません。 かなり定義が曖昧だからです。 もちろん一般に言う『すごい』という意味が分からないわけではありません。 でも、 あの人は相当すごいんだよ、とか すごい努力が必要なのよとか言われても ピンときません。 その人が言っ…

いつか〇〇は今から仕込まないと

現アメリカ国防長官ジェームズ・マティス氏。warriorと呼ばれるのには異論はないそれだけゴツイ経歴。(というと失礼だけど、アメリカ近代史に残る一連の戦争で戦っているわけだからワイルドなおじさまでしょう)とりあえずこちら読んで頂ければ分かるので詳細…

退いて判る

ひいた方がよく見えますね。 人の顔も 素敵な絵画も スピーチも 逐次通訳するときには、ひいて、鳥の目で、耳で、拝聴する、と。

One must understand the Scope Of Work.

木村拓哉がNHK朝イチに今朝出ていた。家事ながらに聞いていたら、いいことを言っていた、というか彼も他の誰かに言われたようだったけど。 おまえが歌っとると思ってるやろ、違うでそれは。聞く人おらんかったら、歌えへんのや。おまえは生かされとるんや。 …

one shouldn't follow in tow right behind them.

英語は音楽のようで、液体のよう。流れていて、流動的で、発音も雲のように流れる。 日本語は、習字のよう。滑らかに動く筆のように見えて、最後は ーです。 ーます。 でしっかり止めないといけない。 小学生で漢字をならった際に、適当に流さずに止めるとこ…

どうしたら緊張しないか。

通訳者でいる限り、人前でその場勝負の商品を提供しなければいけません。うんうん唸って何回もやり直しをしてからスムーズな美しい訳を出しても、決して美しくありません。 通訳とは不可逆的な作業でもあります。一度出したものを消すことは出来ず、修正する…

勉強するための季節

コーデュロイのロングスカートに ブラウスを着て テラス席で読書出来る季節になりました。 うれしいぞー 勉強に励みませう

600円のざるそばをすすりながら通訳の難しさを想う

あまり世離れしすぎると良くないと思いますが、今まで出来なかった生活をするのは新鮮で新たな発見があります。 オーディションの日が大切な人の月命日でした。当日お墓参りしてから行きたかったのですが、時間も天候も合わず、気になっていた為に報告も兼ね…

人生の春休みにやりたいこと

1年間社内通訳者として勤めてきた会社を3月末に辞めました。エージェントのオーディションを受け終わり、フリー登録をエージェントにするまでのこの不思議な期間。 どこにも属していない、時間割も決まっていない、大学生の春休みみたいなこの感覚。 時間が…

いま出来ることを、やろう。

急にはどうにもならないという記事を176日前に書いているようです。 ブログを書いていてよかった、と思うのは自分があのときどう感じていたか、振り返ることが出来る時。 急にはどうにもならないと分かっていても人間怠惰になるものです。もう少し先の話だし…

何も考えずにとりあえずやり始めれば。

8語くらい遅れてやるシャドーイング。駅までだと5分くらいだったけど30分公園を歩きながらやると2回回せる。 最初15分間は5語くらい遅れで。 後半15分間は10語くらいで、と言っても数えているわけではありませんが、1文遅らせるイメージ。 2回目に入ると1回…

どこでやる?

勉強をする人にとってどこでやるかはけっこう、重要な問題です。 私はやりたいことに応じて場所使い分けてます。 逐次、同時通訳で声出したいときは、羽田空港。天井高くて、周りの人もナニジンだか分からないから、ゴニョゴニョ口を動かしていても放置プレ…

インタースクールに入学してからの1年間

さて、英語歴の振り返り続いています。 前回は2013年からの本科Ⅰ3回履修の期間中の話をしました。 2012年10月期英語専修Ⅳ、2013年4月期会議通訳コース準備科。 こんなに自分は英語が出来ないのかと思い知らされた1年間であり、英語熱が自分の中で一番高か…

本科Ⅰを3回履修 2013年秋〜2014年秋 

英語歴さかのぼってみています。 前回は2015年から1年間受けたプロ準備科を振り返りました。 その前。 2012年10月期 英語専修Ⅳ 2013年4月期 準備科 ーーーーーーーーーー 2013年10月期 本科Ⅰ(やる気なし) 2014年4月期 本科Ⅰ(夏までやる気なし/ 夏からエ…

プロ準備科

前回から英語歴のさかのぼりを始めました。 プロ準備科の1年ではまだ英語学習と通訳訓練どちらも並行してやっていた感覚でした。その1年で徐々に通訳訓練できる体制になっていったと思います。もちろんまだまだ英語力は伸ばしていかないといけませんし、プロ…

静から動へ

自ら書いたブログを眺めていると この人どうやって勉強したんだろう 通訳学校の入ったばかりの時は何考えてやってきたんだろう 出来ない時どうやって勉強してたんだろう 分かったようなこと書いてるけど出来ないで苦しんだ時期はないのか、と思いました。 (…

When you know you know

毎日やると決めているルーティーンワークがあります。 Googleカレンダーでリマインダーを来るようにしてあって、私の携帯ロック画面には常に何かしらのリマインダーが出ています。 「わかってるし」 と思って、リマインダーかけるのをやめたこともありました…

通訳している姿を

自分が通訳している時の姿を見ることはあまりないと思います。 通訳中はかなり自意識ない時ですので、自分がどのくらい必死感が出ているか、どのくらい頼れる通訳者っぽく写るか、気になるところです。 現在勤めているコンサル企業で先月クライアントを招い…

英日同時通訳 備忘録:文章を締めて、動詞に注目する

昨日書いた英日同時通訳をどうするかに引き続いて、どのようにしたら分かりやすく出来るか考えている流れで、思い出したことがあります。 通訳には豪華絢爛型、訥弁型があるといいますよね。 私が初めてそれを聞いたのは鶴田知佳子先生のセミナーでした。 豪…

英日同時通訳の攻略

英日同時通訳をしていると、相手の構文に忠実になりすぎている自分がいます。 必ずしも構文に忠実にならなくとも意味が合っていればよいわけです。日英ではその構文の変形がうまく出来るのですが、英日同時がどうも難しい。 つかめた、と思えると原文から離…

私も頑張らなきゃ

昨夜のWBCにしびれた方、多いと思います。 試合自体も大変引き込まれるものでしたが、最後に登板した牧田投手の態度、オーラ、学ばせてもらいました。その前に投げた9人の投手ももちろん素晴らしいパフォーマンスでしたが、やはりとりは目立ちますね。 同点…

忘れかけてた遠い夢の訪れ

Ride On Time 山下達郎 羽田空港国際線ターミナルの近くに住んでいます。 仲良くなった外国人に住むところを聞かれた時の私の定型文です。大学生から変わっていません。話を広げやすく、好きです。 小さい時から昼も夜も飛行機が上空を飛んでいます。最近で…

人の発する言葉の裏には何人もが関わっているから。

通訳者が同席していると まだ珍しさがあるのか興味がわくのかどこまで出来るか気になるのか 発言前に『通訳者さんこれ分かるかな、◯◯◯』がつくことが今まで数回ありました。 通訳者はSiriではないのに『分かるか言ってみよう』という顔で通訳者を見ても何も…

1年間振り返ってみます3 ...and dance

ということで最近書き始めた社内通訳者として仕事をし始めて学んだこと。 3 に入る前に、社内通訳者であろうがフリーランスであろうが、基本的にやることは同じ。ただ通訳することを仕事にしている人と、そうでない人には、大きな違いがあると思います。リ…

1年間振り返ってみます 2

前回のブログではこの会社に入ってから1年間の振り返りを始めました。 この1年間で学んできたこと。 1 自分の通訳を聞き信じて、次のアクション、次の発言へつなげる人がいる怖さ。 伝言ゲームで正しく伝えないとそこからおかしな流れになる。通訳も同じ…

1年間振り返ってみます

この会社に来てもうすぐ1年。 3月。 肌寒く、雨が降る中歩いていると初日のことを思い出します。 3月、4月ものすごく緊張していたこと。 通訳を仕事にして毎日働くなんて出来るのか、心がもつのかどうか、 未知数のことが多すぎて毎日不安で会社に来てい…