読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

思考は現実化する、ようだ。

真似する力は、大事です。 何事も師匠に近づくには、黙って真似るのが一番です。一番の上達方法ですもん。 私は留学せずに英会話を難なく今では出来るレベルになりました。が、1から全部自分で何もかも考えて話せるようになったのではなく、音読をしている…

後でじわじわ効いてくる(だろう)トレーニングメニュー

時間ない中でもやった方が身になる、と感じるトレーニングメニュー。#1 The Economist、N.Y.Timesどちらかのサイトラを1日30分やるようにしています。 サイトラ + 口頭訳です。この訓練をするといかに自分がわかったつもりで読んでいるかがわかります。#2 …

目標に具体性持たせてますか?

この間、一流のスポーツ選手が小さい時はこんなことをやっていた!と紹介するテレビ番組がありました。 そこで大谷翔平選手(野球)が登場。高校生の頃からやっている、目標を具体的に書くというもの。ピッチャーが投げるストライクゾーンに似せた9つのマスを…

リーディングのハウツー

「やり直し 英語道場」というサイトでhttp://test-hicareer.rdy.jp/inter/yarinaoshi/、リーディングについて触れていました。1 リーディングはスピーキング力向上の為に、とても重要であること。2 そして通訳者として現実に即した読み方は、単語等拾い構文…

声に出して。

日経を今日から声に出して読むことにしました。ダボス会議の通訳をやってらっしゃる方がインタビューで、「声に出して練習すると脳のヒダに染み付いていいのよ」といっていたことを思い出して、かつ、自分の幼稚な日本語をどうにかしなきゃ、という思いで始…

精読と多読はどちらも必要。

リーディングで英語力を上げるにはやはり、精読と多読が必要だな、と感じています。多読のみ多くしている時期って、文章の中身、つまり筆者、記者が言おうとしていることをつかむ力が弱いんです。精読ばかりしていると、処理能力、スピードが落ちることをリ…

単語のおぼえかた。+ 24日目の日記

新しい単語の覚え方にトライしはじめました。 The Economistを読んだら、分からない単語だけでなくて前後の文脈もわかるようにメモる。 例えば arsenal:兵器庫、軍事兵器保有 だけではなく、 nuclear arsenal for deterrence :抑止力を高めるための核兵器…