通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

学習備忘録

本番130キロで運転しないといけないなら、そもそもの常識を130キロにしておく。

同時通訳は常に1秒単位での時間との闘いです。 今の1.5秒で言うべき言葉がすぐに出てこないために、どんどん流されるということがあります。 同時通訳では瞬間的理解力と速さ対応力が重要なプレイヤーです。 同時通訳では意味が全部取れてから発話していたの…

原因究明して前に進もう。がむしゃらはいけない。

空が高くなって、秋がすこし近づきました。 多読精読とあるように多聴精聴とあります。 精聴はトレーニングを継続している通訳者であればやっていることだとは思いますが、スクリプト付き多聴をあまりこれまでニュース以外してきませんでした。久しぶりに多…

試行錯誤しよう。近道はない。

世間はお盆休みに入って少し街の中も閑散としています。 まとまったお休みがあるわけではないですが、わたしもつられて夏休み気分です。 ある程度まとまった時間が取れると普段出来ないことが出来ます。 通訳の講義を聞いたり、日英の基本文の訳練習、スピー…

語彙力とシャドーイング(前提としてリーディング)

自分の口から出せる、そして耳で拾える語彙を増やすにはシャドーイングをして、知らない英語を口から強制的に出すことかもしれません。一定の速さの中での発音も分かる、使い方も分かります。 というのも口語で使うものか、文語で使うものか、辞書を引いても…

アクティブに脳を運用しよう

分かるのと語れるのは全く違います。 パッシブか、アクティブかの違いです。 パッシブでもまずは理解すること。ここが第一段階ですよね。 本当に理解しているかどうかは自分で説明できるかを考えてみればいいです。これが第二段階です。 他人に言われて、新…

縦も。横も。

縦だけでなくて横にも成長したい 縦に成長。 昨日よりも自分の通訳レベルが上がる。 CNNを見る、 ホワイトハウス会見のシャドーイングをしてみる、 CitiCEOの同時通訳をしてみる、 The Economistを読みこむ、 官房長官記者会見を同時通訳してみる、 TEDを聴…

縦だけでなくて横にも成長したい

通訳の仕事をすると否応なしに広く、浅く様々な情報を知り、それを違う言語で言い換えたらどうなるかを知るのだけれど 知っていることは多くなった気がするけども 蓋を開けてみたら表面をさらったくらいの知識しかないのですよ ひとつひとつの仕事に向き合っ…

絶妙なホワイトハウス記者会見

前回紹介したホワイトハウスpress briefing。 シャドーイングにも結構使っているのですが、やりながら笑ってしまうような報道官と記者とのやり取りがあって、緊張感も伴いつつこうした笑いが起こる記者会見っていいなあと思います。 官房長官の記者会見を聞…

リプロダクション音源

リプロダクションは記憶力を高める為だけでなくて理解力をあげるのにも役立ちます。 理解力と私が言うのは、リスニング力+なんとなくではない文章(構造)を理解する力+多少単語を落としてもストーリーを捉える力、かと。 あまりゆっくり話してくれるスピ…

新聞は立って。

太陽とパイン100%ジュースと。 部屋だとはかどらない英字新聞もざくざく。

外から見えるものにa great deal of attention first.

師匠に教わってわたしの通訳人生は、形からはいって、中身がついてきている 器を作ってから中身を、彼が願っていたように、accelerated agingさせて来たんだと思う 器があれば中身が充実するのかと言われれば、I would say capital YES and/ confident NO. 1…

通訳生活

通訳の勉強を始めてから勉強というものにずっと向き合ってきて、何をどのくらいやるかも常々変化してきたしどこでやると集中しやすいのか、自分なのに自分の気質を常に研究しながら生きてます。 同時通訳の練習も色々あって、自分がどのくらい情報を落とさず…

やるからには、スマートに。

通訳者を目指してるンだー そんな話をしながら英会話学校で働いていた頃、誕生日の時期になると先生同士でサプライズにバースデー祝いをする文化があって手紙をもらったりしました。 ある同僚がmake us proud!と書いてくれました。その時はなぜこれで頑張れ…

リプロダクションとか。

同時通訳が少し出来るようになったら、リプロダクションをするときに聴きながらもう頭で軽く訳してしまうと、記憶しやすくなります。これは結局逐次通訳をやっていることになりますが。 逐次通訳は、同時に軽く訳しながら聞いておいてノートをとりつつ、あと…

翻訳サービスでも同じような通訳ってどうだろう

通訳をするということは、話している人の立場にたって考える、以上に、その人にならないといけないということ。そうでないと違う言語となって、その音が聴いている人の耳に入ってくるだけになる。 だからその発言者が言いたいことが伝わるなら、どんな言い回…

I'm not just talking about English

不満を言うとか、強いとか、連携とか、 よく使われる単語は英語もすぐに出るけれど、いつまでもすぐに出てくる単語だけ使っていると成長しないですよね。 成長する、しないよりも、もしかしたら逆で、パッとしない、ダサいことを避けようとしていると、成長…

偶然は人間目線。神様がつくる必然を偶然と呼んでいるだけ。

新聞を読んだりテレビで見たり、ポッドキャストを聞いていて、日本語でどういう風な訳になるかな、英語で何て言うんだろう、そう思うことってあります。 疑問に思ったらすぐに調べておくと、想像もしていなかったタイミングで、場所で、再び出てきた時に命拾…

ワーキングボキャブをもっと。

ああ、なんてスムーズで光る英語だろう 言いたいことが手に取るように分かる 目の前に情景が浮かぶわ 英字新聞のOpinionやeditorialを読むと、「ねえ、もっと色んな単語を使っていいんだね」と思うのよ、どれだけ薄っぺらい単語帳から四苦八苦して英語を話し…

日英逐次通訳の仕事から色々感じて

日英の逐次通訳は、どう訳したらいいかを考えるんではなくて、スピーカーの気持ちになるのが一番早い。自分が言いたいことを英語で伝えればいいから。 これを先に言って..この話はつながってたから関係詞で...とか、入れ子構造だからAがBを修飾して、なんて…

ペーパーバックを読むときは日本語、英語の順で

このブログをご覧の女性のみなさん! 数年前に映画となったこの作品ご存知の方、多いと思います。日本語でご覧になったり、日本語訳版を読んだ方は英語も読んでみてはいかがでしょうか、おすすめです。 日本語で読んでからであれば英語のハードルもググっと…

出来ることはたくさんある

単語帳は、いざというとき本番ではあまり役に立ちません。 単語帳作りという作業をどれだけ真剣にやったかが、役に立つかどうかを決めます。書き出した単語を次に目にするのは本番の直前だったり、本番中だったりします。頭にどのくらい単語が入っているかが…

柔らかさはそのまま、強さ

英会話に取り組み始めた時期 通訳学校に入学した時期 通訳学校卒業までの濃厚な2年間 フリーランス稼働からしばらく そして今年の3月あたりから現在 英語に携わり始めてからを分類するとこうなります その時その時で自分が必要としている情報が変わってきま…

be a verb nerd

通訳するときはもちろんのこと、サイトラ、自らの英語力を考えるとき、仕事の勉強をするとき、動詞に注目する 資料を勉強していっても本番になったとき、分からない単語がないのに自分の通訳になんだか幅を感じないことがある きちんと勉強したはずなのに、…

時間はあると思ってしまったら、ないのと同じ。そして書籍の紹介を。

今日も休み、明日も休みということになると、多少無理したり疲れる練習をしても翌日に持ち越す恐れもなく、翌日の仕事準備もないのでありがたいものです。(が、こんなに連休いるのか?日本人がボケてまうよ) それでも自分の時間に対する感覚は甘いなと思い…

同時通訳の下地練習

スターバックスCEOが理念を語るのを聞きながら、桃太郎を語る うーん英語で数字が出てきて、堅い言葉が並ぶと桃太郎がどこかに行ってしまいます thirteenとかtwenty-sixと言っている間はいいけれど、two-hundred-forty million, six-and-a-half billionが来…

自分にクリティカルに。

通訳の仕事は自分で録音でもしていない限り、どのような調子で通訳をしていたか、までを振り返ることはなかなか難しいです。逐次通訳も、同時通訳も同様です。 逐次通訳で自分が何を言ったかは、通訳ノートを振り返れば大体思い出せますが、何を言わなかった…

仕事に全力投球、で足りるか

しばらく仕事に走り回っていると、危機感がむくむく沸き起こるのは私だけではないと思います。 トレーニングや自主練なる(名前はどうでもいいのですが)ことをせずにひたすら仕事をするというのは、同じ革靴を毎日履くようなものだとつくづく感じます。歩き…

you represent a thousand words

'Make sure you fasten a seatbelt to brace for potential turbulance' 空と海の芝居を窓からぼんやり見ながら思う 自分はあんな何もない高いところを飛んでいたのかと思うと、飛行技術には感心せざるを得ない 見慣れない土地のホテルに着いてその土地のカ…

やる前から成果を期待しない。とにかく、やる。

英語を勉強するとき、 通訳の訓練をするとき、 本を読むとき、 英字新聞を読むとき、 『これはやって意味があるだろうか?』は考えちゃいけない 一回、一回はほとんどが意味ないレベルにしか染み込まない ただ分かることは、 集中していたときに身に着けたも…

英単語の雰囲気を大事にしよう

これは使えると思った英文に訳をつけて集め始めてしばらく経ちます。 ルーズリーフ左に英文、右側に和文 日本語を読んですぐに英語を言えるように。 単語単体で見ていても覚えられたとしても、なかなか自然な使い方が出来なかったり、使う雰囲気が分からなく…