通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

学習備忘録

文字通りの、繰り返し、では足りない。

通訳学校へ通っていて、また、通訳者として稼働していて、その時その時で自分に必要なトレーニングメニューは異なります。 一度トレーニングメニューを決めたら、繰り返します。 何の疑問も持たずに繰り返すというよりかは、今自分が鍛えないといけないとこ…

自分にチャレンジしよう

想像ですが。 通訳学校を卒業する時は「実際の(フリーランスの)通訳市場に今こいつを放り出したら泳いでいけそうか?まあ、どうにか大丈夫だろうか。」 その見定めを講師がしてくれているから卒業出来ているんだと思います。つまり通訳学校を出るというこ…

辛口評価をもらおう

日本で英語を話して仕事をしていると自己満足というか、自己評価が主なものになります。 「あの通訳者の英語は下手くそで聞いてられない、どうにかならんのか」というお声は、日本ではなかなかないだろうと思います。 注意してくれる人がいるということは、…

look, she is my translator

同じクライアントであっても、全く同じことを言うことは一度もない フリーランスとなってからまだ2年すら経っていない私だけれど、同じクライアントの仕事が、たまたま昨年と同じ時期に入っているのをカレンダーで見ると1年前と私はどう変わったのだろうか、…

too wordy, you know?

このタイトルがすべてで、これは永遠の課題で。 wordyすぎない素敵なニッポン人の英語。 もしかしたら、通訳者でない英語が流暢な人の方がwordyすぎないで済むかもしれない(内容が漏れていないかは別として) 通訳だとスピーカーが言ったことは「(意味を)…

無意識を使う

同時通訳は卓球のようなものだと思います。 ピンときたらポンと返す、ポンときたらピンと返す。 待っている暇はありません。 待っている暇はないけれど、テーブルの上に、かつ、ネットの向こうにボールを返す必要があるのが卓球であり、同時通訳です。 先ほ…

逐次も同時も、その場の理解が大事

逐次通訳もノートをとる時には、何を云わんとしているか分かっていないといけません。つまり聞いてすぐにパッと意味が分かる状態でないと、どんどん遅れてノートを取るのも大変になります。 同時通訳もそういった意味では同じで、聞こえてきた英語の意味、何…

ウェイトをどこに置くか

仕事にとにかく入ることで通訳が上手くなる、と思う人もいれば、 仕事にとにかく入ることで自分が忙しくて稼がせて頂いているけど根本的なスキルとしては変わらないと思う人もいます。 先日もある先輩とお仕事の際にそんな話になりました。 仕事に入るときに…

warm up before a dive

英語の自主トレーニングだけでなく、情報やアドバイスが欲しいとき、リラックスしたいときにもTED talksは使えます。 英語を話すことを職業にしている方は、彼の紹介するトレーニングを試しにやってみることおすすめします。 環境によってはできないものもあ…

パソコンサイトラ

音を出して練習する環境がなかなかない場合も結構あると思います。 それでも通訳は音を処理する仕事なので、音(わたしたち日本人の場合は、英語)に触れていないと処理スピードが落ちます。どこかでどうにかして音を聞いて、音を同じ速さで出していく練習と…

インプットのたのしさ

野蛮人の読書術から始まって、トランプ・シフト これからの世界経済に備える14のことで今週は終わりそうです。 ある書籍で紹介されていて面白そうだと思った本を読んで、その著者の関連の本を読んで、という風に芋づる式に本を読むのも楽しいです。 野蛮人の…

be a yesman when you are nobody

録音機を使い始めたのはいつ頃だったか覚えていませんが、今ではとても大事なツールになっています。自分の音声を録ることがメインですが、ダンスレッスンや専門家の話を聴く際に、細かいところを覚えておけないので愛用しています。 フラメンコの初心者とい…

自信はどんどん崩していこう

疲れたなあと思った時にはキレートレモンを。太陽を。音楽を。小説を。運動を。 仕事の通訳がイマイチと思った時には甘いものを。そのあとに分析を。 自信がつかない、ない時は出来ないと思う練習を何度も。怖くても100%準備して仕事に臨むこと。繰り返すこ…

本番130キロで運転しないといけないなら、そもそもの常識を130キロにしておく。

同時通訳は常に1秒単位での時間との闘いです。 今の1.5秒で言うべき言葉がすぐに出てこないために、どんどん流されるということがあります。 同時通訳では瞬間的理解力と速さ対応力が重要なプレイヤーです。 同時通訳では意味が全部取れてから発話していたの…

原因究明して前に進もう。がむしゃらはいけない。

空が高くなって、秋がすこし近づきました。 多読精読とあるように多聴精聴とあります。 精聴はトレーニングを継続している通訳者であればやっていることだとは思いますが、スクリプト付き多聴をあまりこれまでニュース以外してきませんでした。久しぶりに多…

試行錯誤しよう。近道はない。

世間はお盆休みに入って少し街の中も閑散としています。 まとまったお休みがあるわけではないですが、わたしもつられて夏休み気分です。 ある程度まとまった時間が取れると普段出来ないことが出来ます。 通訳の講義を聞いたり、日英の基本文の訳練習、スピー…

語彙力とシャドーイング(前提としてリーディング)

自分の口から出せる、そして耳で拾える語彙を増やすにはシャドーイングをして、知らない英語を口から強制的に出すことかもしれません。一定の速さの中での発音も分かる、使い方も分かります。 というのも口語で使うものか、文語で使うものか、辞書を引いても…

アクティブに脳を運用しよう

分かるのと語れるのは全く違います。 パッシブか、アクティブかの違いです。 パッシブでもまずは理解すること。ここが第一段階ですよね。 本当に理解しているかどうかは自分で説明できるかを考えてみればいいです。これが第二段階です。 他人に言われて、新…

縦も。横も。

縦だけでなくて横にも成長したい 縦に成長。 昨日よりも自分の通訳レベルが上がる。 CNNを見る、 ホワイトハウス会見のシャドーイングをしてみる、 CitiCEOの同時通訳をしてみる、 The Economistを読みこむ、 官房長官記者会見を同時通訳してみる、 TEDを聴…

縦だけでなくて横にも成長したい

通訳の仕事をすると否応なしに広く、浅く様々な情報を知り、それを違う言語で言い換えたらどうなるかを知るのだけれど 知っていることは多くなった気がするけども 蓋を開けてみたら表面をさらったくらいの知識しかないのですよ ひとつひとつの仕事に向き合っ…

絶妙なホワイトハウス記者会見

前回紹介したホワイトハウスpress briefing。 シャドーイングにも結構使っているのですが、やりながら笑ってしまうような報道官と記者とのやり取りがあって、緊張感も伴いつつこうした笑いが起こる記者会見っていいなあと思います。 官房長官の記者会見を聞…

リプロダクション音源

リプロダクションは記憶力を高める為だけでなくて理解力をあげるのにも役立ちます。 理解力と私が言うのは、リスニング力+なんとなくではない文章(構造)を理解する力+多少単語を落としてもストーリーを捉える力、かと。 あまりゆっくり話してくれるスピ…

新聞は立って。

太陽とパイン100%ジュースと。 部屋だとはかどらない英字新聞もざくざく。

外から見えるものにa great deal of attention first.

師匠に教わってわたしの通訳人生は、形からはいって、中身がついてきている 器を作ってから中身を、彼が願っていたように、accelerated agingさせて来たんだと思う 器があれば中身が充実するのかと言われれば、I would say capital YES and/ confident NO. 1…

通訳生活

通訳の勉強を始めてから勉強というものにずっと向き合ってきて、何をどのくらいやるかも常々変化してきたしどこでやると集中しやすいのか、自分なのに自分の気質を常に研究しながら生きてます。 同時通訳の練習も色々あって、自分がどのくらい情報を落とさず…

やるからには、スマートに。

通訳者を目指してるンだー そんな話をしながら英会話学校で働いていた頃、誕生日の時期になると先生同士でサプライズにバースデー祝いをする文化があって手紙をもらったりしました。 ある同僚がmake us proud!と書いてくれました。その時はなぜこれで頑張れ…

リプロダクションとか。

同時通訳が少し出来るようになったら、リプロダクションをするときに聴きながらもう頭で軽く訳してしまうと、記憶しやすくなります。これは結局逐次通訳をやっていることになりますが。 逐次通訳は、同時に軽く訳しながら聞いておいてノートをとりつつ、あと…

翻訳サービスでも同じような通訳ってどうだろう

通訳をするということは、話している人の立場にたって考える、以上に、その人にならないといけないということ。そうでないと違う言語となって、その音が聴いている人の耳に入ってくるだけになる。 だからその発言者が言いたいことが伝わるなら、どんな言い回…

I'm not just talking about English

不満を言うとか、強いとか、連携とか、 よく使われる単語は英語もすぐに出るけれど、いつまでもすぐに出てくる単語だけ使っていると成長しないですよね。 成長する、しないよりも、もしかしたら逆で、パッとしない、ダサいことを避けようとしていると、成長…

偶然は人間目線。神様がつくる必然を偶然と呼んでいるだけ。

新聞を読んだりテレビで見たり、ポッドキャストを聞いていて、日本語でどういう風な訳になるかな、英語で何て言うんだろう、そう思うことってあります。 疑問に思ったらすぐに調べておくと、想像もしていなかったタイミングで、場所で、再び出てきた時に命拾…