通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

学習備忘録

分からないを放置しない

学者先生たちが集まる会議は相当準備が必要になる。その分野において歩く辞書であり、その分野の先も考え、国の方針にさえ影響を与えうるのだから何を言い出すか分からない。中核情報はもちろん、周辺知識まで全ておさえる覚悟での準備が必要になる。 それと…

バランス 

通訳者でいて一番もどかしさを感じるのは、バランスです。 仕事のための背景や用語の勉強と、通訳単体のトレーニングのバランス。 以前も記事にしましたが、通訳者として働いていても腕が上がるわけではありません。試合出場回数が多ければ多いほど腕がある…

2015年春から2016年春強化合宿 5/6

師匠に再会した2015年春から2016年3月の1年間、『死ぬほど勉強したって時期があってもいいだろう』という言葉の通り、通訳トレーニングというより、1年間強化合宿に行っていた感覚に近いです。 同時通訳を始めたのも2015年春でした。 初めてイヤホンをつけた…

常にフレッシュな角度で攻めよう

日本語でも飽きられる同じ単語の繰り返し。 通訳は一方の言語を聞きながら、違う言語に切り替えて話しているわけなので、アウトプットのバラエティをつけるのは余計に難しいです。 ただその加減もあります。 ネイティブであれば絶対に繰り返さない訳ではない…

deliberate practice

ぼーっとしようという記事それに続く密度の濃い練習をを書きましたが少し誤解を招きやすい書き方をしたので、もう一度パフォーマンス向上について書きます。 端的に言うと、パフォーマンス向上にはdeliberate practiceとdeliberate restが必要。 deliberate …

ぼーっとしよう

今この本を読んでどう休むべきか、少しでもパフォーマンスを上げるために研究中です。Financial Timesでも何度か(それ自体注目されているということだとおもいます)取り上げられていました。 Subscribe to read | Financial Times 通訳を生業にしていると、…

discipline

通訳って難しいなあと自分でやってても思いますが、自分が通訳をオーディエンスとして聴く側にまわったときも特にそう思うのは客観的になっているからだと思います。 なぜかというと通訳は言葉そのものではなく、言葉が持つ雰囲気そのままを伝えることが仕事…

英語力をあげたいなら

やらないといけないとは分かっているけどやる気にならない 以前に英会話学校で講師をしていた時にカウンセリングにもよく入っていたので、生徒さんの悩みはさんざん聞いてきました。 今は使わないけどいつ英語を使う仕事をさせられるか分からないという方。 …

正確で疲れない同通を目指そう

同時通訳を情報も落とさず、相手が不快でない速さでするためには、意味の通訳が必要になる。 常にそのタイプの通訳をするのはまあ難しい。でも努力することは出来る。 そのためにも正しく単語を覚えて増やす必要がある。どんぴしゃの単語はないと思っていて…

現実的な単語の増やし方

以前の記事で単語を覚えるなら文章で、という話をしました。が、そうは言っても雑誌やニュース、新聞を見る際に必ずしもノートとペンが使える環境ではないときもあり、そのノートを持ち歩いていないときもありますので、単語帳作成アプリを活用しています。…

表現の増やし方

単語は単体で覚えようとしても覚えられません。 数字の羅列が覚えられないのと同じです。 人間、ストーリーがあると忘れにくいです。 長すぎない文章の中で単語を覚えるのが一番です。 put up with 我慢する recession 不況 と単体で覚えようとしても、すぐ…

無意識に出来る感覚を、範囲を広げる

参考 Frontiers | Efficient foot motor control by Neymar’s brain | Frontiers in Human Neuroscience ネイマール選手が足を動かしてボールを扱う際、その他のプロサッカー選手よりも使用する脳の範囲がずっと少ない。 仕事でリサーチしていた過程でたまた…

You want to know how competent you are? It actually won't matter.

ある研究者と仕事をさせて頂いたとき、思いもよらず共通項があることを知りました。 通訳はやっぱり成長の実感があるんですか、という先生のご質問から話が発展しました。 そんなことは全くなく、成長実感があるのは通訳者を目指しているとき。1度通訳者にな…

英語をうまくなろう

上手いな、聞きやすいな、こんな風に話したい、と思うスピーカーを何度も聞くことで、いつも聞くことで、それがノームに、自分の基準になっていきます。 通訳の勉強をしているときも、卒業してもどんな風に英語を話したらうまく伝わるか、聞きやすいか、手探…

自分の声、知っていますか?

たまには時間をとって、 日英同時通訳、英日同時通訳を録音します。 自分の通訳をディクテーションしてみます。 もしくは元の原稿を見つつ自分の通訳を聴いてみます。 どのくらい正確に、綺麗に出せているか、どのくらい落としているか、確認します。 聴いて…

3Dで世界をみよう

新聞や雑誌で出会った英単語が分からず辞書をひきますよね。 そうすると多くの日本語訳が丁寧に辞書には出てきます。ありがたいのですが、その英単語のもつ本当の姿が見えないのです。 英英辞書をひくとたとえば二種類の意味があって、それぞれ一行か二行に…

インプット音源

www.csis.org CSISのポッドキャストに関して前回触れました。 通訳訓練にも使えると書きましたが、トランスクリプトが載っているからです。CSISのポッドキャストなだけあって、崩れた文章構成が少ないのもイイです。音声が速いリプロダクションにも使えます…

質の良いインプットでアウトプットを下支え

...You don't have time to learn a lot. The knowledge is just spent... CSIS(戦略国際問題研究所)Center for Strategic and International Studies |のPodcastは視野が広がり、安全保障や防衛分野の背景知識、単語増強に役立ち、通訳訓練にも使えます。…

英語の理解2ー読むことは底上げの前提

英語の理解で 英語力や通訳力は結局理解力と発信力のことだと思うと話をしました。 英語を理解する上で速いものになかなかついていけない人は、リーディングに偏っているかもしれない話をしました。 少し補足します。 読むことは非常に大切です。英語力や通…

リプロダクションの効能

リプロダクションは何度も聴いて完成させるのでなく、一度ですべて再生するつもりでやると効果がグンとあがると思います。 どんな文章がくるか分からないから一回流して聴いてみようとすると、一度で聞き取る緊張感がなくなります。でも逐次通訳の現場ではス…

英語の理解

英語力、通訳力、といいますが、何を意味しているのか。 端的に言うとどちらも理解力と発信力のことだと私は思っています。通訳は、それを違う言語で発信することです。 発信力についてはまた次回以降。 理解力は、 相手の言うことを正しく理解することです…

自戒のすすめ

異論を出して議論し、事物の心理を求めるのは、まるで逆風のなか船を進めるようなものだ。右に、左に、波に揺られ風に逆らい....目的地までの進み具合からすればわずか十、二十キロにすぎない。...そこで争われる説というのは、疑いの一点を原因として生まれ…

英語にふれる機会などについて

日常生活の情報収集に日本語の新聞だけでなく、英字新聞を購読すると圧倒的に質のある英語に触れる機会が一気に増えます。 どんなに忙しくても(購読すれば当たり前ですが)容赦なく毎日届きます。デジタル版で読んでいる時もありましたが、紙の方が目に優し…

文房具

みなさん通訳するときに、勉強に、議事録をとる時に、何を握っていますか 文房具を変えたからといって悲しいかな、実力が上がるわけではありませんが、書き心地は握るペンによって異なるのは本当です。持つペンによって気分が変わるのも本当です。 一人とし…

英語のアウトプットに差がでるのはそのままインプットの差だから

英語で犬はdogということも、 日曜日をsundayということも、 ほぼ毎回誰もが使いますよね。 動詞やら形容詞等々はそんなことありません。ありとあらゆる言い回しがあります。ノンネイティブ誰もが知っている単語からインテリしか使わないだろうというような…

Westminster village

Oxford English dictionaryのアプリをとると、毎朝WORD OF THE DAYが届きます。知らない言葉がほとんどです。固有名詞も以外と多く、アルクの英辞郎にも載っていないことが多いので、面白半分、勉強半分に見ています。 今朝はWestminster villageでした。Wes…

take a second before your brain is hijacked by the world outside

社内通訳者だった頃は、一日の終わりに寝る時間までを勉強の時間に充てて、基本的に眠くなったら終わり、という生活を繰り返していました。その日にやらなければならないことが全て終わってからのトレーニングは疲れても寝るだけ、と思って気楽でしたし、朝…

リプロダクションは朝

リプロダクションをやるなら朝がおすすめです。 早起きの効用は多くの書籍で述べられていますのでそちらに譲るとして。 朝は単純に脳みそがまだ綺麗です。クリーンな状態です。疲れていません。 疲れていないからこそ、少し背伸びをして練習できます。 仕事…

一歩でも未来へ。

現状を改善する策が取られていれば、 物事が前に進んでいれば、と言ってもいいと思うけれど、 ストレスはたまらない 病気になってつらくても、今の状態を少しでも和らげる処置に医者が動いてくれていれば、今この瞬間がつらくても、耐えられる。 読了すると…

通訳と関係ないことを追求し続けよう

通訳ラットにならずに通訳者人生を楽しもう 本を読んで、いろんな方のお話を聞き、美術館に足を運んで、機内で隣の席の人と語り合って、映画を見て、雑誌を読んで、ポッドキャストをきいて視界を広げておく それが回り回って通訳で役に立つ 思わぬところで、…