通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

学習備忘録

You want to know how competent you are? It actually won't matter.

ある研究者と仕事をさせて頂いたとき、思いもよらず共通項があることを知りました。 通訳はやっぱり成長の実感があるんですか、という先生のご質問から話が発展しました。 そんなことは全くなく、成長実感があるのは通訳者を目指しているとき。1度通訳者にな…

英語をうまくなろう

上手いな、聞きやすいな、こんな風に話したい、と思うスピーカーを何度も聞くことで、いつも聞くことで、それがノームに、自分の基準になっていきます。 通訳の勉強をしているときも、卒業してもどんな風に英語を話したらうまく伝わるか、聞きやすいか、手探…

自分の声、知っていますか?

たまには時間をとって、 日英同時通訳、英日同時通訳を録音します。 自分の通訳をディクテーションしてみます。 もしくは元の原稿を見つつ自分の通訳を聴いてみます。 どのくらい正確に、綺麗に出せているか、どのくらい落としているか、確認します。 聴いて…

3Dで世界をみよう

新聞や雑誌で出会った英単語が分からず辞書をひきますよね。 そうすると多くの日本語訳が丁寧に辞書には出てきます。ありがたいのですが、その英単語のもつ本当の姿が見えないのです。 英英辞書をひくとたとえば二種類の意味があって、それぞれ一行か二行に…

インプット音源

www.csis.org CSISのポッドキャストに関して前回触れました。 通訳訓練にも使えると書きましたが、トランスクリプトが載っているからです。CSISのポッドキャストなだけあって、崩れた文章構成が少ないのもイイです。音声が速いリプロダクションにも使えます…

質の良いインプットでアウトプットを下支え

...You don't have time to learn a lot. The knowledge is just spent... CSIS(戦略国際問題研究所)Center for Strategic and International Studies |のPodcastは視野が広がり、安全保障や防衛分野の背景知識、単語増強に役立ち、通訳訓練にも使えます。…

英語の理解2ー読むことは底上げの前提

英語の理解で 英語力や通訳力は結局理解力と発信力のことだと思うと話をしました。 英語を理解する上で速いものになかなかついていけない人は、リーディングに偏っているかもしれない話をしました。 少し補足します。 読むことは非常に大切です。英語力や通…

リプロダクションの効能

リプロダクションは何度も聴いて完成させるのでなく、一度ですべて再生するつもりでやると効果がグンとあがると思います。 どんな文章がくるか分からないから一回流して聴いてみようとすると、一度で聞き取る緊張感がなくなります。でも逐次通訳の現場ではス…

英語の理解

英語力、通訳力、といいますが、何を意味しているのか。 端的に言うとどちらも理解力と発信力のことだと私は思っています。通訳は、それを違う言語で発信することです。 発信力についてはまた次回以降。 理解力は、 相手の言うことを正しく理解することです…

自戒のすすめ

異論を出して議論し、事物の心理を求めるのは、まるで逆風のなか船を進めるようなものだ。右に、左に、波に揺られ風に逆らい....目的地までの進み具合からすればわずか十、二十キロにすぎない。...そこで争われる説というのは、疑いの一点を原因として生まれ…

英語にふれる機会などについて

日常生活の情報収集に日本語の新聞だけでなく、英字新聞を購読すると圧倒的に質のある英語に触れる機会が一気に増えます。 どんなに忙しくても(購読すれば当たり前ですが)容赦なく毎日届きます。デジタル版で読んでいる時もありましたが、紙の方が目に優し…

文房具

みなさん通訳するときに、勉強に、議事録をとる時に、何を握っていますか 文房具を変えたからといって悲しいかな、実力が上がるわけではありませんが、書き心地は握るペンによって異なるのは本当です。持つペンによって気分が変わるのも本当です。 一人とし…

英語のアウトプットに差がでるのはそのままインプットの差だから

英語で犬はdogということも、 日曜日をsundayということも、 ほぼ毎回誰もが使いますよね。 動詞やら形容詞等々はそんなことありません。ありとあらゆる言い回しがあります。ノンネイティブ誰もが知っている単語からインテリしか使わないだろうというような…

Westminster village

Oxford English dictionaryのアプリをとると、毎朝WORD OF THE DAYが届きます。知らない言葉がほとんどです。固有名詞も以外と多く、アルクの英辞郎にも載っていないことが多いので、面白半分、勉強半分に見ています。 今朝はWestminster villageでした。Wes…

take a second before your brain is hijacked by the world outside

社内通訳者だった頃は、一日の終わりに寝る時間までを勉強の時間に充てて、基本的に眠くなったら終わり、という生活を繰り返していました。その日にやらなければならないことが全て終わってからのトレーニングは疲れても寝るだけ、と思って気楽でしたし、朝…

リプロダクションは朝

リプロダクションをやるなら朝がおすすめです。 早起きの効用は多くの書籍で述べられていますのでそちらに譲るとして。 朝は単純に脳みそがまだ綺麗です。クリーンな状態です。疲れていません。 疲れていないからこそ、少し背伸びをして練習できます。 仕事…

一歩でも未来へ。

現状を改善する策が取られていれば、 物事が前に進んでいれば、と言ってもいいと思うけれど、 ストレスはたまらない 病気になってつらくても、今の状態を少しでも和らげる処置に医者が動いてくれていれば、今この瞬間がつらくても、耐えられる。 読了すると…

通訳と関係ないことを追求し続けよう

通訳ラットにならずに通訳者人生を楽しもう 本を読んで、いろんな方のお話を聞き、美術館に足を運んで、機内で隣の席の人と語り合って、映画を見て、雑誌を読んで、ポッドキャストをきいて視界を広げておく それが回り回って通訳で役に立つ 思わぬところで、…

ベンチマーキング

基準をどこに合わせるか 時間を追って変えていいとおもう 成長していれば自分のいる位置も、目指すものも変わる 一旦ここにしよう、ここを基準にしようと決めたら、通訳なり、トレーニングなり、インプット量なり、下げない。どんな環境になっても。 負担が…

ボキャビル

電子辞書とともに、アルク英辞郎にお世話になる毎日であります。 結構的を得たドンピシャの訳が見つかることもあるし、例文がたーくさん載ってますので、単語のキャラクターをつかみやすいですよね。 それとともに外出先ではOxford dictionaryアプリ。さっき…

Don't dwell on it

通訳、簡単ではありません。 逐次通訳、同時通訳どちらも大変な労力と大変な準備を伴います。 だからといって本番ミスしないかというとそんなことはありません。 逆に、前もって知らなかった情報でも聞いているのと同時にスッとわかって訳せる時もあります。…

通訳中は意識の力も使おう

いろんなことが分かって通訳者をやっているつもりでも、実際に通訳し始めると身をもって分かっていないこともある。 つまり、自分の無意識レベルまでたたき込め切れていないこともある、ということ。頭では、分かっている気がしているけれど、実際に出来てい…

努力すれば出来ることがあるのは有り難いのですー通訳学校生でも、プロでも

通訳者としてお金をもらうようになって、いろんなことに本気になった気がする。いや、本当に。 通訳学校に通っているときも本気だった。 では本気になった、というのは、何が、かというと この一瞬を逃してはならぬ という本気の集中力が出るようになった。 …

理想の通訳のはなし。

先日ある案件で西海岸の発音ですね、と言われたことがあった。 東海岸と西海岸の発音の違いが分からないんですけど とは言えなかったけれど。 アメリカ英語ですね、はあっても 西海岸ですね、は初めてだった。 思わず米国のですか?というアホな切り返しをし…

話し方にけじめを

フラメンコではこれまでの流れを一瞬止めるレマーテとよばれるものがある。 あえて訳すと、ケジメ、らしい。 止まることなく動きが、流れが、成り行きで続くと、つまらない。面白みのないものになる。なんとなく、の連続に見えるから、仕切りが大事。 苦味が…

一生懸命では今の時代、足りない

本年の幕開けはこの書籍から。比較にもならない忙しさの首相が年末年始に選んだ書籍と知ってさぞ、と思って気合いを入れて読み始めましたが、これほど引き込まれる歴史小説は初めてです。The book of my 2019に早くもノミネートしたいくらいです。 信長と家…

you finally get to tweak it

初めてはいつもなにか特別 2回目、3回目もその浮足立つ感じは味わえる その浮足立つ感じは緊張だったり、待ちわびていたものが目の前にあったり、何より初めてだからなにもかもが新鮮で。 初めてはいつもなにか特別 それは、いつもの自分ではいられないから…

スタイルをもたないということについて

こんな通訳スタイルでいこう、こういう同時通訳ポリシーでいこう、と決めていても迷う時が来ます。これで本当にいいのだろうか、と。 一つのスタイルで追求した先に初めて、迷いと出逢います。 通訳にこれが正解、はありません。 自分のスタイルを変えること…

何にもムダにはならない

無駄なことをすることで回りまわって、救われます。米国議員が日本庭園を見て飛んでいる虫の名を尋ねます。夏も秋も日本では虫が鳴いています。そのときに焦って答えた虫の名前とついでに「そういえばこの虫はなんていうのだろう」と調べました。あの時調べ…

本物に触れる

ベテランの先輩方とお仕事させて頂く機会が今年も何度かあったけれど、先日はもうお目にかかれないんじゃないかと思うくらい大ベテランとご一緒して。本を読んだりYouTubeで見るより、やはり本物を直接観るって大事だな、と。絵も風景も、人もしかり。本物を…