通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

you are just graceful and cruel

首都高速で飛び出した銀座

 

 

出来るだけ飛ばしてください

お願いします

すぐ降りたいので手前でカード切ってください

 

 

信じられないくらい長く感じた20分

 

 

あんなに長く感じたことはなかった

 

 

 

あれほど強く、時間は待ってくれないと、感じたことはなかった

 

 

 

 

 

 

官房長官の記者会見、こんなに1秒に言葉が詰まるのかと、もはや感動してしまう

 

 

 

官房長官も、こちらの能力が追いつかないからといって、手を緩めたりしない、

というか、緩める必要もないよ

 

あの速さが官房長官の生きているスピードだからね

 

 

 

生きているスピードを、速くする

1秒が長くなる

 

1秒を短く感じる人とは、相容れない世界

 

 

時間に打ちのめされ魅了され、今日も。

There is always a story to be told.

M先生

 

M先生に10年ぶりに本当に会ってきた。

 

 

開口一番、

 

指輪してんのか?!

 

 

いや、まだです。

10年ぶりに会ってそう来るか、普通?

 

 

 

案の定、通訳をしているといったら

 

ムカつくなー笑

おまえ全然英語できへんかったんやぞ

 

 

相変わらずのM節

 

 

英語センスのかけらもなかったんやぞ、オマエ

そのオマエが通訳やっとるなんて、人間、分からんな

 

 

ほんと、そうですね。

なんであんな英文読解に苦しんでいた私が通訳やってるんだか、

私もわかりません。

気づいたら、好きだった。

気づいたら、恋していて。

 

 

 

ちゃんと真面目にやれよ

 

 

もう高校生じゃないんだから。とか思いつつ、

当時お世話になった担任と、M先生になじられると

もう気分は高校生になっていた。

 

 

いつしか頼る先生や担任はいなくなり、

枠があってないような大学生活に放り込まれ、

アルバイトを経験し、

社会の大人と触れ合い、

転職をし、

恋をした。

 

 

通訳学校で久しぶりに、この人の背中を見て歩けばいいんだね、と思える人と出会い

その出会いで道が創られて、レール敷かれ、電車に乗せられ、気づいたら、今。

 

 

 

 

10年ぶりに会って、フリーで通訳をしている、と

仕事帰りのスーツにヒールで立っていれば、

高校卒業して、まあそういう道に進もうと自ら決めて脇目も振らず勉強し、

とりあえず難なくエージェント登録し、頼んでもないのに降って来る仕事をとりあえずやってるんです、

先生たちにはそう見えていた。

 

 

久しぶりに会って、それなりに体裁整って出てきたら、元からそういうことになっていたんだ、と思ってしまうかもね。

 

そんなことあるはずなくて。

 

 

いつも話せば長いストーリーがある。

誰の人生にも、話せば長いストーリーがある。

だからこそ、そのストーリーを語れる相手が前にいたら、伝えたいと思うのが人の常でしょうか。

それは国籍関係なく。

そのストーリーはそのストーリーでしか成立しない。

一つのピースが消えたり、歪んだり、間違えば、

私が伝えたいストーリーではなくなる。

 

だから、通訳をする人には、編集権はなく、形のない形をそのまま向こう側へ渡す、責任重大な仕事。

 

 

 

 

 

だけどそれは、話せば長い話だから、

『いや先生、もうやっとの思いでやってますよ~』

 

honey meets ginger

クールビズの時代に信じられない冷房24度の部屋で通訳業務

 

かわいそうなのどを労って

f:id:leogirl:20170720095156j:image

the picture

計器が70キロを指す

 

 

 

 

バックミラーには1台も映らない

静かな夜

 

 

 

左手には湖が広がる

 

針葉樹が生い茂ってまるで 

視界が開けたら新しい一章の始まり

 

 

一時の方向にノイシュヴァンシュタイン城が見える

 

 

 

一定間隔に並んだ兵士を横目に

 

 

 

 

行先もスピード制限の標識もない

 

I'm driven forward just because I can. 

relevant

どんなことも思い出になっていく

全てをとどめておくことは出来ない

 

 

 

 

本片手に過ごした夏の海

お部屋の障子を開けて視界に広がる真っ白い山も

自分の脚が全部見えるくらい綺麗な川を泳いだこと

クルミの木に登って隠れんぼしたこと

スカイツリーから見下ろした雲の下の東京も

日々是好日がかかったお蕎麦屋さんにいったことも

初めて同時通訳した夜も

 

 

すべて

 

 

 

しかし過ぎたからといって、すべてが想い出になることもない

 

 

 

こういう時のためにある

relevant

 

今の私にとってrelevantな記憶のピースは、まだ想い出にはならない

 

 

 

------

relevant

Closely connected or appropriate to what is being done or considered.

 

Appropriate to the current time, period, or circumstances; of contemporary interest.

-Oxford living dictionary

in retrospect Ⅱ

悔しい夜から一夜明けて

朝日が昇って

 

 

新しい一日が始まる 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ悔しい

 

 

 

 

 

 

 

それが分かっただけで、

 

あ、私イケるわと思いました

 

 

 

 

 

 

 

そういうもんだよね、たぶん

 

 

 

喧嘩する気も失せてきたら、その恋は終了だから

in retrospect

一人で

 f:id:leogirl:20170716012235j:plain


今日はワード注文せず

にこにこしてワッツアップ?!って聞いてきたお兄さん 

 

 

いや、色々あるんだよお兄さん

 

 

 

カプチーノはいつも通りのおいしさで。

 

 

プロだね、お兄さん

performanceがlumpyなのはプロじゃないよね


 

 

熱いカプチーノを一気に飲みほす数分で

目に見えないメッセージをありがとう、お兄さん

 

 

悔しくて眠れない夜

 

 

あなたとのwittyな会話が恋しくて眠れないこともないし

お腹がすいて眠れないことも

明日が不安で眠れないこともない

ありがたいことに

 

 

でも悔しいのは、眠れないんだよお兄さん