読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

アウェイでもやるべきことを。

アウェイの業界でアウェイの専門用語の嵐にさらされています。

 

やはり少しでも馴染みのある話を通訳している場合とは自分のアウトプットレベルが違うことをひしひし感じます。

よく考えなければいけないし、

考えても分からない場合があって、

言葉を頼りに通訳するしかないからです。

 

でも今回思ったのは、自分が???状態でも拒絶せずに聞こえたことを訳していくことも大事なんだということ。

 

???状態なのは自分だけで、聴いている人たちは理解出来ていることがあります。

 

 

それにしても理解しきれていないことを、この背景から行くとこういうニュアンスで言いたいんだ、と考えながら、かつ、よく理解しきれずに訳していく、聴いている人は理解している、というのはなんとも、気持ち悪い。

 

勉強しよう、と思わせてくれます。

勉強してもお客様の方がどこまでいってもプロだから、同じところに追いつくことはないんですけど、理解しようとするのは大事。

ピーピー泣くな

思うことは信じること。

 

大丈夫かな、って思っても何も良いことない。

 

仕事のことで大丈夫かな、って思うのなら準備をしっかりやって、出来ることはみんなやればいい。

 

家族や友人のことで大丈夫かな、って思うのなら、出来ることを尽くして、大丈夫、って信じる。

 

前のボスがクライアントの前で吐いた一言。

 

Don't be negative, just do your job.

 

最高に辛辣で、突き抜けるように爽快で。

 

 

その通り、だよね。

やれることやる前からピーピーすんな、と。

fineとfire

このブログを見て下さっている師匠がある写真を送って来て下さいました。私がいつも行ってるお店のカプチーノ。私はいつも何て店長が書いてくれるか楽しみで行くんですが、自分で文言を注文した、と。

 

さすが師匠はやること、ちゃいますな

 


f:id:leogirl:20170519183701j:image

 

she'll be fineです。背景によってfineは様々に変わります。アルク辞書をひくと16くらい意味が並んでいます。

 

これだから英語は楽しいね。

どの意味だか自分で考えろっていうね。 

 

ちなみに私はパッと見て

she'll be fire と読み間違え。笑

 

 

ニューヨーカーが聴いたら最高の褒め言葉でしょうね。 

ま、人生たまには勘違いした方が楽しいのです。笑

can't buy me love片手に

『そういえばこんな曲ありましたよね』
f:id:leogirl:20170513185354j:image

 

loveにはpriceつけられないわよね、なんて思いつつ。

 

夕方のカフェにいると色々な会話が聞こえてくる。通訳業に携わっているからか人の話す言葉に前より聞き耳立てるように、立てたくなった。

 

自分と同世代に見える男子集団。『超』『マジで』が聞こえてくる。

 

 

 

ここまで書いて思ったけど

男性ではなく、『男子』

 

黙ってスーツ着ていたら惹かれるであろう人も口を開いたら、『圏外』となることもある

 

 

通訳もどれだけ理解が深かろうとも、口を開いた瞬間『この人大丈夫か』となることもある。

 

 

気をつけようっと

no trough

嫌なことがあっても神様はご褒美を必ずくれる。

 

楽しんでばかりいるとしっかりせい、と試練が降りてくる。

 

その繰り返しね。

 

 

フライデーナイトで、そこにいるだけでサラリーマンになってしまうくらい混沌とした新橋。電車が止まってしまって帰れず、モノレールへ。

 

疲れたなーって外見たら美しい夜景がね。

人生って、よく出来てるよね。

山、谷、って言うけどさ、実は谷なんかないと思うの。

 

スキップして、笑っていきませう


f:id:leogirl:20170512232359j:image

起きてることはみんな必然

すぐには役に立たないと思ったことでも今目の前に降りてきたものは、何かしらいつかどこかで役に立つ時が来るんだなあ。

 

知らなかったらどうしていただろうか。

 

 

目の前にあるものは必然的に降りてきてるんだなあ。人でも、本でも、仕事でも。

 

ありがたいなあ