通訳者Mのブログ

通訳と、人生と。

理解までのスピードが勝負

通訳は考えながら回を重ねれば重ねるほど、考えること、感じることが多くなる気がします。まるで生き物です。生きている言葉を生きている通訳者の言葉が引き継ぐんだから、本当に生きているのかもしれません。

 

英日同時通訳は基本的に待てません。左から右が基本です。が、ただ急ぐのは理解であり、あう日本語を決めるところです。そこを速くしないと考えているうちに置いていかれます。意味が分かりさえすれば、相手がどれだけ速く話そうとも話についていけます。

 

あう日本語をマッチさせるには背景の勉強が欠かせず、英語構文を理解しながら聴くことが欠かせません。

 

f:id:leogirl:20191202152443j:image

英日通訳が多かった日。

 

 

通訳は間違えたらどうしようと思うと怖くてきりがないですが、伝えようと思うと楽しい仕事です。

英語の理解は左から右へ

日本語は音節が英語より多いため、同時通訳では同じ情報量を出すとすると多く話すことになります。 

 

それに日本語と英語は語順が異なるため、同じ文章構成ではアウトプット出来ません。しかるべきところで句読点をうっていかないと、英語を左から右にしか理解するしかない通訳者にオーディエンスが引きずりまわされます。つまり英語は主語の次すぐに動詞なので、動詞を覚えておいて全部聞いた後に動詞を付け足すということが毎回出来ればいいですが、そんなに余裕はありません。万が一動詞を忘れてしまった場合には意味が全く違ってきます。そもそも英語は左から右に理解しないと完全においていかれます。

 

ということで終日英語から日本語への同時通訳の会議の日はずっと音節の多い日本語を話しているので口と舌の筋肉が疲れてくるのですが小顔効果も期待してがんばりたいと思います。

 


f:id:leogirl:20191201083809j:image

会議場の近くで

お客様に届いて初めて通訳

通訳は必要悪だとわたしは思っていて、なくて済むなら通訳なんて介さずに直接人間同士会話をしたほうがいいと思っています。

流暢じゃなくても身ぶり手ぶりをつけて話している本人からの言葉はインパクトがあります。それは一人一人がもつオーラがあって、色が、空気があるからです。

 

それが通訳を介すことによってその通訳者の色が絵の具のように混じる。ニュアンスを言葉としては伝えても本人と聞いている人が直接わかり合えることには叶いません。

 

そういう意味で必要悪と思います。

ベストパフォーマンスを出したって必要悪なわけであって、どこまでいっても聞いている人にとっては仕方ないから通訳を使うという補助ツールなのです。その言語が理解できれば通訳は使わないのだから。

 

 

 

だから通訳しているつもりで、通訳になっていない事態はなんとしても避けるべきですよね。

 

通訳するということは大変です。集中して同じ内容を違う言語で言おうとしているわけですから。いつまでも簡単じゃありません。それでもその努力がお客様の耳に通訳として届いているか、が一番大事です。そのアウトプットが目には見えなくても私たち通訳者の成果物ですから。

 

声がこもっていて何を言っているか分からない、

舌がまわっていなくて聞きとれない、

文の意味が分からない、

速すぎて理解できない、

 

日本人、外国人から聞いた言葉ですが、通訳者としては必死だし、わざと分かりにくく通訳したい人は一人もいないことを考えると、腕の改善が待たれていると言えます。

 

つまり、腕を改善して必死度を落とすということ。物事が自分のキャパを越えようとするとき、焦ります。緊張します。視界が狭くなります。大局的に、一歩引いて自分を見ることが出来ません。分かりやすくなればパンパンの状態です。それだと良いパフォーマンスが出来ません。パンパンの状態をそのままお客様にさらしているという事態になります。

 

常に通訳している自分を、自分の通訳を監視する。そうやって一歩ひくためには必死度を落とすしかありません。緊張は良いパフォーマンスをするためには必須ですが、緊張と必死は別物です。緊張してリラックスすることで、自分の持つ力を出せます。

 

f:id:leogirl:20191128080342j:plain 

2019年も東海道新幹線には本当にお世話になりました。こうやって日本の原風景が見えてほっとする瞬間、ニッポン人であることを実感します。

分かり合いたいのが人間だから

お誘いを受けて世界のお巡りさんコンサートに行ってきました。

 f:id:leogirl:20191125235626j:plain

 

お巡りさんとは、そう警察です。

今年で24回目だそうですが、各国都市で開かれていて2019年は東京がホスト国。

ニューヨーク警察始め4カ国が参加でした。途中何度も感動して目頭が熱くなりました。

 

合同演奏で締めとなりましたが、想像してみて下さい世界の警察が1つのステージで演奏するのを。感動しませんか。警視庁音楽隊は1948年に創設されたそうです。日本敗戦のたった3年後です。一面焼け野原の東京からこうして連綿と続く小さな前を向いた取組が日本を支えてきたんだと思いました。

 

言語が分からなくても、音楽やリズム、聴こえる音楽に対する手拍子は万国共通。これがコミュニケーションだとニューヨーク警察隊長が話していました。会場見渡しても老若男女、どの国籍の人間もみな笑顔です。音楽ってパワーがあると思うのと同時に、言語で同じレベルの仕事がしたいと思いました。違う言語で話している気がしないコミュニケーションを支えたい、と。

 

 

そして警察官としてテロ対策ユニットや技術部隊に所属して各国で活躍している人達とは思えないくらい明るくおちゃめで、伝統的舞踊や民謡なども披露されて、様々な顔や文化が見られたコンサートでした。この世界はなんて広くて狭い素敵なところなんだろうと思いました。この世界は1つだと。みんな同じ人間で泣き笑いがあって愛する家族がいる。音楽に身体を揺らしたくなる。緊張もする。平日の仕事があって、真剣な瞬間が誰にでもあって。自分が生まれた国を皆持っている。 

 

 

通訳を介さないと何を言っているのか分からないのに、こんなに共有出来ることがある。バベルの塔はあったのかもしれませんね。以前はこの世界は1つだった。言語は1つだった。と言われても不思議ではない気がします。

だから通訳をしていて繋がったな、と感じる瞬間嬉しいのかもしれません。

まだ始まったばっか。

f:id:leogirl:20191121193200j:image

久しぶりに京都に足をのばしました。仕事後に新幹線に飛び乗り、温泉、京料理を楽しみ朝6時に清水寺を拝観させて頂き翌日午前中には都内にいるという強行スケジュールでしたが十分堪能させていただきました。

 

広い空を仰ぎ見るのは自律神経に良いそうで、気持ちがさっぱりします。

 

音羽山開山した当時からなのか、苔で覆われてかろうじて仏様のお顔が認識できる石が山道に残っています。朝の山道に佇んで目を奪われて立ち止まった私と仏さまとの間の悠久の時の流れを感じます。....一体何世紀こちらにおいでなんでございましょうか。何をご覧になっているのかと、同じ方向を向いてみますと京都の街並みでございました。ひたすら同じ場所から日本の古都をご守護なさっている仏さま。

ひたすら英語と日本語に追われている通訳者の私。

反省するしかありません。

と同時に、長生きしても100歳前後。この世に頂いている残りの時間はタダじゃありません。最大限生かして今ここからまた努力させて頂きたいと思いました。

有難うございます。合掌。

in the final furlong to the path that leads to where everything began 6/6

さて、これまでの振り返り最終章です。

 

2016年3月から2017年3月まで、コンサル企業にお世話になりました。2017年4月からフリーランスになります。

 

 

社内通訳は、通訳者をしていて唯一仕事をしながら成長させてもらえるポジションです。 フリーランスになったら一期一会ですから、自分の足りないところを勉強することで次回もっとできるようになって、皆さんの役に立てるようになっていく、なんてことはありません。決められた日時に行われた会議等一発で基本的には役に立たないといけない。

 

 

 

 

もとい、この1年間、トレーニングとしては師匠に言われた通り、リプロダクション、シャドーイングを8語遅れて行って、逐次通訳、同時通訳の練習を毎日していました。仕事の始まりがあまり早くなかったので結構夜遅くまでやっていました。

 

リプロダクションに関しては正しくおこなえば効果はあるので、これをやって本当に、、?と踏み出せない方はぜひだまされたと思って3週間、がんばってみてください。人間習慣を変えられるのは3週間だそうです。

英会話学校に勤めていた頃、外国人講師にトレーニングをしたり、制度導入にあたって説明をしたりすることが日々ありました。今でも覚えていますが、リプロダクションをやり始めてから半年経ったころ、マネージャーや外国人講師にMの話す英語が変わったと言われました。

 

そこから引き続きトレーニングを社内通訳になっても続けていたわけですが、私たち日本人がゼロから考える英語はどこまでいっても文法はあっている、ノンネイティブの英語にしかなりません。 リプロダクションを続けることによって、大企業のCEO, CFOが話す英語の話し方というのか、英語の思考回路というのか、うつってきます。初めはそんなこと言われても信じられませんでしたが、今はそれしか確実にある意味手っ取り早い方法はないだろうと思います。

 

この1年間ではコンサル企業では避けられないプレゼンが多くあり、クライアント企業の経営層向かって通訳をしなければいけないことが多くありました。最初の頃はもう本当に毎回冷や汗かいていましたが人間慣れてくるものです。私がついていたチーフクリエイティブオフィサーはデザイン賞も多くとる奇抜な外国人で、彼の話は聞いている経営層に問いかけ考えさせ、皮肉を言うことが多かった。拠点がいくつありまして、今期の収益がどうで、資産価値が目減りし、、というファクトでフラットな話ではなく、物事を概念レベルで語る人で、かつ話すと止まらない人でした。ここで英日逐次通訳は鍛えられたと思います。ただ止まらない彼に耐えられたのは、リプロダクションをやっていたからです。

 

日英同時通訳は政府が平日2回行う官房長官記者会見の練習のみで鍛えたと言っても過言ではありません。

 

フリーランスになってからもトレーニングとしての骨格は変わっていません。やる内容をその段階その段階で少しずつ負荷をかけて変更して、日進月歩、いや一進一退の時もある毎日です。

 

 

 

 

ニュアンスを正しく。

英語も日本語もネイティブが話す形に出来るだけ近づけたいと常々思っています。分かりやすく、ストレスなく聞ける通訳をしたいという私の勝手なパッションですが。

 

日本人通訳者が聞いていて、通訳されている英語を聞いて理解出来るのと、英語スピーカーが聞いて理解出来るのは別です。ここは完成することはありません。通訳する瞬間に常に緊張してかかるべきです。

 

そして短い時間の中で同じ内容を伝えるには構文や使う単語に工夫すること、そして自分の理解度を深めることによって可能になります。自分の使う構文や単語を変えずに情報を詰め込むと舌が回らなければ聞いている人に伝わらないのが悲しいところです。

 

加えて、単語やフレーズは正しく使えて初めて意味が通ります。伝えているつもりでも伝わっていなければ意味がありません。そこは常に改善に終わりがなく、反省が常に求められるところです。今の使い方って?、と。

 

そこに関連して、英英辞典をひく、ということをこのブログでは何度も書いてきました。英英辞典をひいて初めて、単語の輪郭、意味が分かります。そのプロセスなしに、和英辞典やアルク英辞郎だけ頼っていると間違って使っていることがあります。日本語だとなんとなく同じ訳だから使っていても使うときのニュアンスが全く違っていたり、和英辞典には動詞として使うように書いてあっても英英辞典には動詞としては使えないとのっていたら、英英辞典が正しいわけです。

 

ニュアンスを正しく理解しないと、通訳で自分が出したいニュアンスが出せませんよね。

言いたいことの意味を理解して、聞いている人にちゃんとニュアンスが伝わる通訳を明日も目指したいです。

 

 

f:id:leogirl:20191116192722j:image

週末の朝